22歳の女子プロレスラー・里歩は世界へ そして「まだ見ぬ場所」へと進む

里歩(Photo by Yoko Yamashita)

WWEに参戦中のASUKA(華名)やカイリ・セイン(宝城カイリ)を筆頭に、世界のプロレス界で現在熱い注目を集めている、日本の女子選手たち。その中でも、極めてユニークな存在といえるのが、ケニー・オメガ率いる新団体AEWの初代女子王座を獲得した里歩だろう。

写真を見ただけでは、彼女がプロレスラーだと信じられない人も多いはず。しかし、今年でキャリア14年目。国内はもちろん、世界各地での試合経験も豊富な人気選手なのだ。数奇な運命に導かれ9歳でデビューし、ついに世界の頂点へと昇り詰めた里歩のレスラー人生を、彼女の言葉とともに紹介しよう。

キャリア14年目の“スモールモンスター”が世界を震撼させた日

─これまでにもタイやシンガポール、イギリスなど海外で多くの試合を行ってきた里歩さんなので、今回のAEW参戦自体には驚きませんでしたが、まさか初代の女子王座まで奪取してしまうとは。倍以上の体格差があるナイラ・ローズを、得意技の蒼魔刀(ランニングダブルニーアタック)で仕留める姿には、世界中のプロレスファンが衝撃を受けたと思います。

里歩 海外の選手たちの中にいると、自分って本当に子どもみたいに見えますものね。そのイメージを試合で覆すのが、とっても楽しいんですよ。



─海外の選手を相手に闘うのって、やはり国内での試合とは勝手が違うものなんでしょうか?

里歩 AEWでの試合に関しては、特にやりにくさはなかったです。リングのサイズや質感も、日本とあまり変わらなかったし。強いて言えば、ロープがちょっと緩かったくらい。そもそも試合のスタイルについても、ケニーさん(ケニー・オメガ)から「日本の女子プロレスを世界に見せたいんだ」と言われていたので、むしろ海外での試合ということを、意識しないように心がけていましたね。

─ケニーさんが求める「日本の女子プロレス」って、アメリカを含む他国の女子プロレスとどのように違うのでしょう。海外のファンからは、常に高い評価を受けていますが。

里歩 うーん、言葉で説明するのってすごく難しいんです。よく使われる表現だと「繊細」とか? 技の正確さや試合の組み立ての丁寧さは、明らかに違いますよね。海外の選手のスタイルは、日本に比べると動きも大きくて、悪い言い方になるかもしれないですけど、見栄え重視みたいなところがあるんです。ただし逆に言えば、それが海外のプロレスの魅力なっているわけだし、日本の選手に足りない点でもあると思っていて。

─会場に集まるファンのノリも、日本と海外では結構違いますものね。

里歩 日本のファンは、じっくりと試合を見守るような楽しみ方をされる人が多いですよね。それに対して海外のファンは、とにかく自分が率先して楽しみたい! っていうノリの人が多いんです。選手だけでなく、ファンも一緒になってショーを創り上げている感じというか。

─規模はもちろん、会場全体の演出も特にアメリカは華やかですものね。そういえば、AEWでは選手のためにメイクアップアーティストやスタイリストも用意されているとか?

里歩 そうなんですけど、日本から参戦する選手は自分でメイクする人が多いんですよ。向こうのメイクさんにお任せすると、やっぱり海外仕様になってしまって、自分の顔じゃないみたいになるので……。毎回、敢えてメイクを頼んでいるさくらさんは、流石だなぁって思います(笑)。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE