21歳のeillが見たリアル「救いとなるのは、友達と手を取り合って繋ぎ止め合うこと」

eill(Photo by Kazuki Iwabuchi, Photo Direction by Hiroaki Nagahata)

テレビをつけると日韓関係の悪化を伝える報道が目に入ってくる日々だが、韓国をはじめとしたアジアの音楽やカルチャーに大きな刺激を受け、各国の人とフラットな友好関係を築いている日本人アーティストはむしろ増えているように思う。ここに登場するeillも、自身の創造力と表現力を持って世界中を自由に飛び回り始めている人物の一人だ。

昨年「eill」としてデビューを果たし、SKY-HI、Kich a Showなど国内アーティストだけでなく、海外のアーティストやクリエイターからも発見され、その歌声を求められている。デジタル時代において音楽の作品には国境がないことを証明している21歳。今週11月2日にはScramble Fes 2019に出演。11月6日には1stフルアルバム『SPOTLIGHT』をリリースする彼女のグローバルに輝く感性を探った。

―eillさんの面白さのひとつは、日本で「第二次韓流ブーム」が起きたときに多感な中学時代を過ごしてKARAや少女時代から韓国カルチャーにのめりこみ、国内的にはブームが下火になったあいだも韓国カルチャー愛が途絶えることのないままインプットをし続けてきて、そして「第三次韓流ブーム」と呼ばれる今、自分が吸収してきたものと今の時代感をまとったクリエイティブを表現してボーダーレスな活動を実現している、その背景とストーリーだと思います。そもそも中学生のときに、日本のアーティストではなく韓国のアーティストに惹かれたのはなぜだったと思いますか?

eill:当時AKB48とかジャニーズが人気で、私も嵐のCDとか持っていたし、AKBのぷっちょを集めたりもしていたんですけど(笑)、そこにKARAと少女時代という存在がいきなり現れて。ダンスも上手いし、歌も上手いし、曲もかっこいいし、可愛いし、メイク真似したいし……もう、憧れる要素が詰まり過ぎていたんですよ。そりゃそっち向くわ、みたいな感じで、自然と惹かれちゃってました。学校のみんなが、KARA、少女時代、BIGBANGとかを好きになっていって、ダンスの練習のときに踊ってたりして。でも、そこから私くらいコアになっていった子は周りに全然いなかったです。

―音楽以外、たとえばメイクやファッションなども、韓国から影響受けた部分が大きいですか?

eill:大きいと思います。韓国に行って服も買いまくってたし、高校のときからメイク道具も韓国のものが多いですね。SNSやInstagramでチェックしたり、BLACKPINKの誰々がこういう服装していたから私も真似する、みたいな。中学生のときは韓国の高校に行く気満々だったので、授業を聞かず、教科書のうしろに別の本を挟んで韓国語を勉強する、ということをずっとやってました(笑)。

―eillさんみたいに、「第二次韓流ブーム」と「第三次韓流ブーム」のあいだも韓国カルチャーを追いかけ続けていた子は、なかなかいなかったんじゃないですか?

eill:そうですね。みんなE-girlsやEXILEにいったりしてたかな。でも今は、地元の友達とカラオケに行くとBLACKPINKを歌ったりします。サブスクが始まってから、ボーダーがないんですよ。同世代の友達は、K-POPも聴くし、洋楽も好きだし、という感じでジャンルレスです。

―eillさんにとって、BLACKPINKの存在も大きいですか?

eill:ドはまり中です。やっぱり曲が、世界的に見てもめちゃくちゃかっこいい。驚きの要素が多いというのはKARAと一緒で、もうはまるしかないんですよね。ドキュメンタリーも全部見ているんですけど、「あ、こんな性格してるんだ」「強そうに見えるけど、赤ちゃんみたいにはしゃぐんだ。可愛い!」みたいな要素が多すぎて、まんまと虜になっています。あんなに可愛くて細いのに、あんな声で歌って踊れるのもすごいし。

―KARAや少女時代の登場から今に至るまでの韓国の音楽シーンの変化は、eillさんの目にどう映っていますか?

eill:今は、アイドルもいるが、ヒップホップも同じ位置にいる、みたいな感じになっていると思います。Jay Park、Heize、Deanとか。『SHOW ME THE MONEY』というラップ系のオーディション番組が韓国では超人気で。私が好きになった頃はまだ日本で知られてなかったけど、今は日本のクラブに行くとそういう曲もかかるようになりましたよね。あと「アイドル」から「ソロアーティスト」の時代になってきたというか。昔は、韓国の音楽番組を見ていてもソロアーティストが出ることは少なかったし、あっても「アイドルのひとりがソロデビュー」ということが多かったと思うんですけど、今はソロアーティストの時代になってきたなと思う。「韓国と言えばK-POPアイドルでしょ」みたいな時代はもう終わったなと思います。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE