BTSが語る、歴史的な1年と夢のコラボレーション

Big Hit Entertainment

K-POPの先駆者BTSが来年のグラミー賞への豊富やホールジーやエド・シーランとのコラボレーションやBTSゲームなど、駆け抜けた1年を振り返りローリングストーン誌に語ってくれた。

グラミー賞候補選考の第1回投票が現在進行中で、10月10日まで行われているという。弊誌のシリーズ企画「2020年グラミー賞プレビュー」では、有力候補となりそうなアーティストらに過去の授賞式を振り返ってもらいながら、今後の展望と、来る2月の授賞式にトロフィーをもたらすかもしれないアルバムやシングルをひも解いてもらった。

BTSは、ファンのために縦横無尽に駆け回っている。昨年10月、7人組Kポップグループは初のアメリカ・スタジアムツアーを敢行した。今年の夏からはスタジアム限定でコンサートを開き、Love Yourselfワールドツアー追加公演が発表されるたびに、世界各地で9万人規模のスタジアム公演は連日ソールドアウトという状態だ。

今年、彼らはKポップグループでは初めてグラミー賞授賞式のプレゼンターを務め、最優秀R&Bアルバム部門でH.E.R.の名前を読み上げた。2020年グラミー賞では、自分たちが受賞、あるいは少なくともパフォーマンスするチャンスを狙っている。可能性は高い。最新ミニアルバム『Map of the Soul: Persona』は数々の国でチャートNo.1に輝いているし、ホールジーをフィーチャリングしたノリのいいリードシングル「Boy With Luv」は、すでにストリーミング回数が5億回を超えた。「心してください」と、BTSのメンバーRMは、グラミー賞についてこう言った。「僕たちはまたあのステージに戻ってきます」

今年8月、BTSの7人のメンバーがローリンスストーン誌の取材に答えてくれた。

ー初めてのグラミー賞はどんな感じでしたか? 一番の思い出はなんですか?

RM:世界の音楽業界の最高峰だから、とても光栄だった。ちょっと緊張もしたけど、あんなにすごいアーティストたちと同じ場所にいると思うとすごく興奮した。また行きたいね。メンバー全員がH.E.R.のファンなんだ。だから、憧れの人に賞を渡すことができるなんて本当にびっくりだったし、最高だった。「おめでとうH.E.R.!」って名前を呼んだときが、僕にとって一番の思い出かな。

ージョングク、ファンは特にドリー・パートンに対するあなたのリアクションが気に入ったようです。本当に泣いていたんですか?

ジョングク:そうだよ、信じられない1日だった。ファンが僕のリアクションを気に入ってくれてうれしいよ。

ーRM、あなたの「Old Town Road」のリミックスができたいきさつを教えてください。

RM:何度かインタビューで「一番好きな曲はなんですか?」って聞かれたんだ。僕はいつも「Old Town Road」って答えてた。多分そのインタビューをリル・ナズ・Xが見て、それでコラボレーションを持ちかけてくれたんだと思う。レコード会社から電話をもらって、もちろん喜んで飛びついたよ。彼が全部曲を書いたんだ。18週連続(No.1)だなんて、本当に素晴らしいと思う。僕が彼とやった「Seoul Town Road」もちょっとは役にたったかもしれないけどね。彼にはすごく感謝しているし、本当に嬉しい。光栄だった。



Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE