「ジョーカー」誕生から新作まで、全ヒストリー完全ガイド

伝説の「ジョーカー」誕生のストーリーを描いたアラン・ムーアとブライアン・ボランドによるグラフィックノベル『The Killing Joke』の表紙 Courtesy DC

コミックブックから誕生した「バットマン」究極の悪役が、映画の中でカオスのエージェントとして生まれ変わるまでーー。新作を見る前に、今一度ジョーカーにまつわる歴史をおさらいしてみよう。

トッド・フィリップスとホアキン・フェニックスによる映画『ジョーカー』がついに封切られた。
ヒース・レジャーが映画『ダークナイト』でゴッサム・シティを襲撃してから10年余り。また数々の悪事とそれにまつわる解説記事もたくさん出てくるだろう。しかし『バットマン』に登場する最も悪名高いヴィランによるアドベンチャーは、スクリーン上でもコミックでも、他のどのキャラクターにも増して魅力的だ。以下に、ケープト・クルセイダー(バットマン)の最強の敵にまつわるストーリーを一気に紹介しよう。

ミステリーに包まれた誕生のストーリー

ジョーカーは、1940年春に出版されたザ・ダークナイト(バットマン)のコミックブック・シリーズ『Batman』第1号に初登場した。同号ではスーパーヒーローであるバットマンの誕生秘話が描かれると同時に、キャットウーマンも初登場する。バットマンが最初に登場したのは、別のシリーズ『Detective Comics』だった。今日に至るまでバットマンの活躍を後押ししている出版社DCコミックスの名前は、同コミックシリーズに由来している。



一方でクラウン・プリンス(ジョーカー)の誕生については、ジョーカーの生みの親である作家のビル・フィンガー、アーティストのボブ・ケイン、そしてジェリー・ロビンソンの3人がそれぞれ違った主張を展開し、ベールに包まれている。ジョーカー誕生には3つのストーリーが存在する訳だが、突き詰めると、ジョーカーというキャラクターは3人による共同作業で誕生したということになる。ロビンソンは、トランプのジョーカーを元にイラストを描いた。またフィンガーは、コニーアイランドに描かれていた道化師の顔のようなロゴにインスピレーションを得た。また、コンラート・ファイトが映画『笑う男』(1928年)で演じた笑い顔の主役からも、ヒントを得ている。数十年に渡りバットマンのクリエイターとして単独でクレジットされていたケインが、ロビンソンと共にキャラクターデザインを手掛けた。さらにバットマンの強敵であるジョーカーのコンセプト作りには、ロビンソンとフィンガーが関わった。結果、バットマンとそのサイドキックとして付け加えられたロビンがそれまで対決してきたギャングやマッドサイエンティストとは一線を画したヴィランが誕生したのだ。

Translated by Smokva Tokyo

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE