INORANライブレポ「今が全霊」を見せつけたステージ

INORAN(Photo by ヤマダマサヒロ)

INORAN TOUR 2019「COWBOY PUNI-SHIT」、8月31日の石川県・金沢AZ公演の様子をライターのジョー横溝がお届けする。

東京から新幹線で3時間。金沢駅に到着。フェス以外にライブを観るために地方に来ることは、正直あまりない。北陸新幹線が開通したとは言え、2時間ほどのライブを観るために片道3時間以上の時間とそれなりの交通費をかけて行くのは、瞬時に閲覧無料が当たり前のネット時代の今、非効率としか言いようがない。それでも、行きの新幹線から、学生の頃の遠足や修学旅行のようにワクワクしている自分もいた。

16時少し過ぎ、金沢駅からタクシーで10分ほどで会場の「金沢AZ」に着く。会場のスタッフの方に名前を告げると、楽屋に案内してくれた。正直、開演前の楽屋にお邪魔するのは気を遣う。本番前のアーティストは、極端にナーバスになっていたり、集中するために話しかけられるのを嫌がる人もいる。そんな風に開演前の楽屋は独特の緊張感に満ちている場合がほとんどだからだ。

しかも今回のツアーは、毎年の過密スケジュール以上の“超過密スケジュール”を縫っての全国ツアー。8月にリリースしたニューアルバム『2019』をひっさげての全国ツアーなのだが、その『2019』のリリース時のインタビューでINORANは「流石にちょっと疲れているね」と珍しく表情を曇らせた。それもそのはずで、今年はLUNA SEAが結成30周年で、大きな記念ライブの他にもシングルのリリースが続いたし、12月には待望のニューアルバムのリリースが決まっている。そんなハードスケジュールの中で、ソロアルバムを制作・リリースし、そしてこの全国ツアーが始まった。“超過密スケジュール”と先ほど書いた理由がわかっていただけると思う。

そうしたスケジュール下での全国ツアー。開演前の楽屋がピリピリしていても何の不思議もない。だが、ノックをして楽屋の扉を開けた瞬間に、思わず笑顔になった。ニルヴァーナが爆音で流れ、INORANもメンバーもご機嫌に歌っている。そして、テーブルにはテキーラのボトルにショットグラス。大学の部室、否、海外バンドの楽屋という感じだ。

入室に気が付くと、INORANがハグで出迎えてくれた。そして、早速楽屋にいた全員でテキーラのショットの乾杯。まるで、海外アーティストのドキュメンタリー映画のようだ。聴けば、ツアーでは当たり前の光景だそうだ。INORANに飲んでも演奏は大丈夫?と聞くと「テキーラなら全然大丈夫!」と余裕の表情。過密スケジュールの疲れなど全く感じさせない。

とはいえ、ノンストップのスケジュールは続いているはずだ。「スケジュール? もちろん忙しくはしているよ。でも、今日は大好きなみんなと一緒にロック出来るライブだよ。こんなに幸せな時間はないからね。楽しみたいし、楽しませたいんだ。もちろん、楽しんでいってね!」と嘘のない笑顔で話してくれた。

楽屋では、変わらずニルヴァーナが流れ、INORANもメンバーもリラックスしながら時を過ごしている。本番30分ほど前になった時、INORANが語りかけてきた。「そうだ! せっかく東京から来たんだから、前説やってくださいよ。前説で盛り上げてください!」と。えっ!?と驚いていると、INORANはメンバーとスタッフに「急遽ですが、僕らがステージに登場する前にMCが出て前説しまーす。よろしくお願いしまーす。今日のライブの出来はMC次第だなぁ」とおどけながら話し、本番に向けて全員のテンションを上げていった。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE