MAN WITH A MISSION、トロント公演独占レポート 現地で聞いた海外ファンの声

現地時間21日、カナダ・トロントでライブを行ったMAN WITH A MISSION(Photo by 酒井ダイスケ)

MAN WITH A MISSIONが、9月に約5年ぶりとなる単独北米ツアー「MAN WITH A MISSION presents Chasing the Horizon World Tour 2018/2019 -North American Tour-」を開催した。

アメリカ、カナダ、メキシコを巡り、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ダラス、メキシコシティ、ニューヨーク、シカゴ、トロント、バンクーバーの全8都市を訪れた今回のツアー。約3カ月前からトロントで生活している筆者は、このうち、セミファイナルにあたる9月21日のトロント公演を目撃した。日本で10回以上見てきた彼らのライブパフォーマンスが、もっとも新鮮に、もっともシンプルに映った一夜の模様をレポートする。

トロント公演が行われたのは、街中心部にあるワンフロアのライブハウスAdelaide Hall。キャパシティと構造は東京で言えば渋谷CLUB QUATTROと似ている。この日は、動くスペースもなく熱気がムンムン立ちこめるほどの超満員。「人種のモザイク」と呼ばれる多民族都市トロントだけに、実にさまざまな国籍の人で埋まり、日本人も1~2割ほどいた。私の後ろにいたのは中国語を話す20代の男女4人組だった。


Photo by 酒井ダイスケ

午後8時、SEのバッド・レリジョン「Man With A Mission」が流れる中、大歓声と拍手に迎えられて5匹とサポートギタリストE.D.Vedderが登場。Jean-Ken Johnny(G, Vo, Raps)が「Lady and gentleman, boys and girls! We are MAN WITH A MISSION! What’s up Toronto!?」と雄叫びを上げたと同時に、「2045」からライブがスタートした。

ここからはホーム同然の盛り上がり! 疾走感あふれるアレンジと一緒に口ずさめるメロディを持った「Left Alive」「Dive」へ流れていく。ハンドクラップもシンガロングも完璧なオーディエンスに、Jean-Ken Johnnyも「You guys are beautiful Toronto!」とご満悦。4曲目「Hey Now」の、全員しゃがみこんで一斉に跳ぶ参加型演出もバッチリ決まり、一体感はどんどん増していく。片言の日本語で「さいこうです!」とステージに叫ぶ白人男性の姿もあった。

今回のツアーは直近のアルバム「Chasing the Horizon」を中心とした構成で、近年のMAN WITH A MISSIONの姿勢を前面に表したものだ。新しい楽曲を送ることで、前回同都市に来た時より確実にアップデートされた姿を見せつける彼ら。ほとんどの観客にとっては初めて生で聴く楽曲、どころかMAN WITH A MISSION自体を初見という人が多かった。Jean-Ken Johnnyが5年前のライブを見た人はいるかと質問したが、ほとんど手が挙がらない。その状況で毎曲フロアが大きなジャンプでうねるというのは、“海外だから反応が良い”だけではない、観客がこのバンドの曲に普段から触れている証左ではないかと思った。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE