SKY-HIとSALUが語る、古いシステムからの脱出「もっと幸せなゴールを作るために」

左からSALU、SKY-HI(Photo by Masato Moriyama)

2016年に突如コラボ・アルバム『Say Hello to My Minions』をリリースしたSKY-HIとSALUが、再びタッグを組んだ。『Say Hello to My Minions 2』と題し、日本とアジアのプロデューサーらを迎え入れ、より自由な枠組みで全9曲を完成させた。昨年、EXILE SHOKICHIが立ち上げたレーベル、KOMA DOGGへの移籍が発表されたSALU、そして、昨年12月に自らの内面と国内におけるヒップホップ・シーンの内情に鋭く切り込んだアルバム『JAPRISON』をリリースしたSKY-HI。それぞれの立場でラップ界を牽引してきた両者は、一体どんな心境で制作にあたったのだろうか。


ー前作のコラボ・アルバムから約2年ぶりとなりますが、なぜこのタイミングで二人名義での作品をリリースすることになったのでしょうか?

SKY-HI:(SALUの方を向きながら)昨年末くらいに話が出たんだよね?

SALU:そうでしたっけ? 全然覚えてない……。

SKY-HI:昨年の12月に自分のアルバム(『JAPRISON』)を出す前から話は上がっていたような気がします。

SALU:結構前から「やろう」ということは話していて、ちょうどお互いのタイミングが合ったのが今、という感じですね。


Photo by Masato Moriyama

ータイトルも、あえて『Say Hello To The Minnions 2』と、あくまで続編という位置付けで。

SKY-HI:このシリーズはライフワークの一つなので、お互い命があれば続いていくと思いますね。

ータイトル的には続編という形ですが、環境や制作方法も含めて、前作との明確な違い違いはありますか?

SALU:前回は、僕のチームともいうべきプロデューサーであるBACHLOGICとJIGGと一緒に組んで作ったんですけど、今回は日高くんが選んでくれたトラックで、主に二人でレコーディングして、(SKY-HIが所属する)avexチームとやったので、すべて違うと思います。

SKY-HI:あと今回は、“トラップ以降のヒップホップ・ビート”みたいな、皆さんの想像の範疇内のトラックは使いたくなかったんです。それと、とにかくラップのテクニックを出していく、みたいなことも違うなと思っていて。


Photo by Masato Moriyama

ーいわゆる、二人のスキル合戦みたいなことですか?

SKY-HI:うん。結局「Funny Game」なんかはそういった感じの曲になっちゃったんですけど、もっと音楽的に楽しく遊びたいっていう気持ちで作りました。それがないと嫌だなって。とはいえ、一体どういったものがネクスト(・レベル)なのかというと、そういう明確なものも特になくて。「こういうことをやったらキッズやヒップホップご意見番が喜ぶんじゃないか?」とか、そういうのは一切考えずに、ただ「これどう?」「これどう?」っていろんなトラックをSALUに持って行ってレコーディングを進めていきました。だいたい「それ、無いっすね」って言われちゃうんですけど。

SALU:いや、ウソです。普通に良かったですよ(笑)。いっぱいあるトラックから選んだんですけど、手をつけたものは全部最後まで作り上げました。結局、1カ月くらいで作り上げたと思います。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE