人は試練をどう乗り越えるのか? 池松×蒼井×井浦が語る、圧倒的な人間道を描いた映画『宮本から君へ』

映画『宮本から君へ』の出演者(左から)蒼井優、池松壮亮、井浦新(Photo by Takanori Kuroda)


──井浦さん演じる風間裕二は、物語の風通しを良くしてくれる不思議な存在感を放っていましたよね?

井浦:ただ、僕は正直なところ途中から考えるのをやめたんです。「靖子にとって風間はどんな存在で、宮本に対してはどう向き合えばいいのか……?」なんて頭で構築していたら、絶対に失敗するなと(笑)。とにかくお二人の演技の中に身を委ね、その中で自然と出てくる表情やリアクションに、ただただフォーカスしていくというか。それが楽しくて仕方なかったんです。


©2019「宮本から君へ」製作委員会

原作に関しては、宮本と靖子の圧倒的な生き様を通して、確かに世の中に対してものすごく強いメッセージを突きつけてはくるのですが、僕の印象は読む人を肯定してくれるような「優しさ」すら感じました。世の中を否定しているのではなくて、一人ひとりの人生をも赦してくれているような、そんな「優しい本」だなというふうに思いました。

──作品の中ではある事件が二人を引き裂きます。靖子が受ける「二次被害」についても鋭く切り込んでいますし、恋人を救えなかった宮本の「振る舞い」にも厳しい言葉が次々と投げかけられる。映画化にあたって今、日本で起きている様々な問題を鑑みて「現代用に」セリフが書き直されているのかと思いきや、それらの描写やセリフも全て連載当時のままだという事実にも驚かされました。

蒼井:そうなんです。あまりにも核心を突いた言葉だらけで、変えようがなかったんですよね。

──人は「試練」をどう乗り越えたらいいのか、という問題提議もこのエピソードからは感じたのですが、蒼井さんはどう思われましたか?

蒼井:さっき、「ハッピーエンドの“後”の男女」を描いているとおっしゃいましたけど、宮本が「決闘」を終えて靖子にプロポーズする、その時点で普通はエンドロールが流れるわけじゃないですか。でもこの映画は、そこからが本当の始まりというか。体力的にはもう、あそこで終わって欲しかったくらいだったんですけど(笑)。でも、その容赦ないところに「人生って、こうだよなあ」って思いましたね。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE