マーク・ロンソン、新しい性的指向をカミングアウト「僕はサピオセクシャル」

先日インタビューで自分が「サピオセクシャル」だとカミングアウトしたマーク・ロンソン(Swan Gallet/WWD/Shutterstock)

音楽プロデューサー・ミュージシャンのマーク・ロンソンは、先日インタビューで自分が「サピオセクシャル」だとカミングアウトをし全米で話題となった。そもそもサピオセクシャルとは何なのか?

男性のなかには、性欲を知的に分析する能力に長けている者もいる。要するに、アソコにどうやったら血液を集中させられるか延々と考え、それについて語りたがる人がいる、ということだ。米プレイボーイ誌のインタビューで「ベネトンのハートとデービッド・デューク(白人至上主義の政治家でKKKの元最高幹部)級のアソコ」について語ったジョン・メイヤーが良い例だ。もうひとつの例は、同じ雑誌のインタビューに応じた俳優のトーマス・ミドルディッチ。ミドルディッチは妻を騙し、結婚後に第三者との恋愛を認めさせた人物だ。

この尊敬すべきリストに新たに名を連ねた男性セレブこそ、音楽プロデューサー・ミュージシャンのマーク・ロンソンだ。ロンソンは、英民間放送局ITVの朝番組『グッドーモーニング・ブリテン』で自らがサピオセクシャルだと果敢にもカミングアウトした。サピオセクシャルとは、外見やジェンダーなどよりも知性に興奮する性的指向の持ち主を指す言葉だ。

ロンソンによる一大カミングアウトは、フランスの女性権利大臣を務めるマーレーヌ・シアパが自らをサピオセクシャルと表現したことに対してオンエア中にジャーナリスト・作家のニキ・ホジソンがコメントしたのをきっかけに、番組司会者のベン・シェファードとケイト・ギャラウェイが引き出したものだ。オンエア中にホジソンも自らをサピオセクシャルだと認め、「私はいままで男性、女性、トランスジェンダー、ありとあらゆるジェンダーの人と付き合いましたが、ようやく自分がバイセクシャルだと気づきました。いままで付き合った人の共通点は、知性です」とつけ加えた。

バックステージで番組を見ていたロンソンが会話に加わると、ロンソンも自らの性的指向を認めた。「初めて聞く言葉だけど……そうだね、僕は自分がサピオセクシャルだと思う」とロンソンは言った。司会者のふたりはロンソンの「誇り高いカミングアウト」に拍手を送った。

いまの時代、サピオセクシャルであるのはイケてるのか? 答えはイエスだ。だが、ホジソンやロンソン的な定義とは少し異なる。サピオセクシャルという言葉はLGBTQコミュニティではなく、出会い系サイトOKCupidから生まれたものだ。OKCupidが性的指向のリストに「サピオセクシャル」を追加したのをきっかけに、この単語が話題になった。

Translated by Shoko Natori

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE