ZOC、初ワンマンレポート「あなたもあなたの人生を美しく生きられるように」

初のワンマンライブ“We are ZOC”をZepp Tokyoにて開催したZOC(photo by Jumpei Yamada)

大森靖子を中心に結成された6人組アイドルグループZOCが、2019年9月9日、初のワンマンライブ“We are ZOC”を、Zepp Tokyoにて開催した。

台風15号によって、大雨と強風に見舞われていた日本列島。「ゾックゾックの日」である9月9日も午前中から東京は交通麻痺でパニックに陥っていたが、開場時間の18時半にはたくさんのファンが会場に詰めかけ満員御礼。ZOCメンバーのファッションを取り入れた女性客も多く見られ、いわゆる一般的なアイドル現場とは違った熱狂の雰囲気が伺われた。

19時30分になり客電が落ちると、メンバーカラーのサイリウムが客席を彩り、大きな歓声と拍手が起こった。オープニングSEが流れ、メンバーの紹介画像とともに、香椎かてぃ、兎凪さやか、西井万理那、戦慄かなの、藍染カレン、大森靖子の順にステージに登場。6人がステージに立つと、ZOCはじまりの楽曲「ZOC実験室」でライブはスタートした。



赤く大きなカーテンとシャンデリアが装飾されたステージ上で、6人と観客が「ゾックゾック」と一体となって叫び、のびのびとキレのあるダンスをしてみせると、戦慄が「人生は可愛くないと生きてる価値なくない?」というセリフではじまる「GIRL’S GIRL」を続けて披露。観客の盛り上がりからは、いかにこの日を待ちわびていたのかが伝わってくる。

それぞれが自己紹介をし、「ZOCというグループは、ご覧の通り個性が豊かどころではないメンバーを集めて、魅力が削られない、常識にとらわれないおもしろい世界を作っていこうということで結成し、1年間活動してまいりました。今日はその愛や実力や気持ちのすべてをステージにぶち込めてまいりますので目に焼き付けてください」と大森が挨拶すると、香椎かてぃが「声出せるか〜?」と客席を煽り、キュートでハードな「IDOL SONG」、ブレイクビーツ調のディスコソング「イミテーションガール」、兎凪さやかが「ねえ〜チュウして」というセリフで始まる「チュープリ」を立て続けに披露。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE