菅田将暉、10年間にわたる活動を集結させアーティストの姿を見せた一夜

スペシャルゲストの山崎賢人も登場し大盛り上がりとなった菅田将暉のライヴ



その後は、アルコ&ピースの平子祐希が登場する幕間映像で、菅田のライブリハーサルにプロデューサー役として参加する平子とのコント映像が流れ、会場は爆笑に包まれる。そのままの勢いで、映像内で何度も平子にダメ出しされた「見たこともない景色」を披露。赤いタンクトップと赤いトラックパンツを身に纏い、全身真っ赤の衣装にチェンジした菅田。「オイ! オイ!」と会場を煽り、自身もテンションが高く楽しそうに歌う姿が垣間見えた。ここからは、黒猫チェルシーの渡辺大知が作詞作曲の「風になってゆく」、自身作詞作曲の「つもる話」など拳を上げて盛り上がる曲や、皆が身体を揺らして一つになれる楽曲を惜しみなく披露した。

3回目のMCでは、先ほどのアルコ&ピースの平子が出演したコント映像について触れたり、バンドメンバーとふざけあったりする姿も見せ、会場は再び笑いに包まれた。終盤では、忘れらんねえよの柴田隆浩と共作した「7.1oz」、「TONE BENDER LOVE」、「ドラス」など、今回のツアータイトルにもなっている自身の2ndアルバム『LOVE』収録曲から、ツアーで初披露した楽曲を演奏していく。終盤にかけて更にテンションを上げていき、甲本ヒロトばりにステージを自由にはしゃいだり、客席にマイクを向けて一体感を誘う菅田の姿がそこにはあった。本編最後の曲に入る前には、菅田と石崎ひゅーいがある人物の為に作ったというトークを挟み、サプライズゲストとして菅田の弟分である山﨑賢人を呼び込んだ。長年の付き合いがある2人の思い出話に花が咲き、2人並んで代表曲「さよならエレジー」を披露。2人のハーモニーを聴き、仲良く歌う姿に会場は最高潮の盛り上がりを見せて本編は終了した。



暗転した会場からは、菅田が初めて作詞作曲した「ゆらゆら」を合唱する声が聞こえ、それに応えて菅田が1人でステージに再登場。「ゆらゆら」の作曲エピソードや、10年間を振り返ったトークをした後、アコースティックギターで「ベイビィ」を弾き語り、観客たちはそれを見守った。そのままバンドメンバーを呼び、「ゆらゆら」、「ピンクのアフロにカザールかけて」を披露してライブは大団円で終了した。

ツアーファイナルというだけでなく、この10年間で出来たつながりや友人など、菅田が芸能活動の中で得てきたものや培ってきたものが溢れた今回のライブ。その成果を感じて感慨深くなる反面、今後もアーティストとしての姿を更に成長させていく菅田への期待がますます高まる素晴らしい記念公演であった。


【菅田将暉 LIVE TOUR 2019 "LOVE" セットリスト】
2019年9月6日(金) Zepp DiverCity公演
1. ソフトビニールフィギア
2. ロングホープ・フィリア
3. クローバー
4. あいつとその子
5. りびんぐでっど
6. まちがいさがし
7. キスだけで feat. あいみょん
-幕間映像- (アルコ&ピース 平子祐希 出演)
8. 見たこともない景色
9. 風になってゆく
10. いいんだよ、きっと
11. つもる話
12. 7.1oz
13. スプリンター
14. TONE BENDER LOVE
15. ドラス
16. さよならエレジー
ENCORE
en1. ベイビィ
en2. ゆらゆら
en3. ピンクのアフロにカザールかけて



<映画情報>

菅田将暉出演作品
『タロウのバカ』
(R15+指定)

公開日:9月6日(金)より絶賛公開中
東京・テアトル新宿ほか全国映画館にて
出演:菅田将暉、YOSHI、仲野大賀ほか

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE