菅田将暉、10年間にわたる活動を集結させアーティストの姿を見せた一夜

スペシャルゲストの山崎賢人も登場し大盛り上がりとなった菅田将暉のライヴ

菅田将暉が2019年9月6日、東京・Zepp Divercityにて、自身最大規模のツアー『菅田将暉LIVE TOUR 2019“LOVE”』の最終公演を開催した。米津玄師や石崎ひゅーいなど著名なアーティストからの楽曲提供を受けつつ、自身でも作詞作曲を行い、俳優業のみならず音楽アーティストとしても飛ぶ鳥を落とす勢いの菅田のライブということで、ツアーチケットは即完。注目が高まったライブとなった。

オープニングSEが流れると会場が暗転。真っ赤に照らされたステージにバンドメンバーとテンションが高まった状態の菅田が登場、会場からも大きな声援がステージに向けられる。SEに合わせた10カウントの合唱が終わると、菅田の「どうぞよろしくお願い致します!」の掛け声とともに、自身が作詞した楽曲「ソフトビニールフィギア」でライブをスタート。ステージ上でご機嫌に身体を揺らし跳ね回る菅田に合わせて会場も両手を上げて左右に振り応えていく。

続けて2曲目では、映画主題歌にもなった4thシングル「ロングホープ・フィリア」を披露しMCへ。「ライブはあっという間に終わっていくので楽しく終わりましょう!」と意気込みを叫ぶと、アコースティックギターを構えた。石崎ひゅーいが作詞作曲を行い、2人の交流が始まった当初に生まれたという楽曲「クローバー」を披露。クローバー形のライトでステージが照らされ、ミディアムな曲調に合わせて会場のファンも身体を揺らせていく。アコースティックギターを掻き鳴らし、真っ直ぐに歌い上げる菅田の姿が印象的だった。屈伸をした後、自身が作詞作曲を務めた「あいつとその子」、ドレスコーズの志磨遼平が作詞作曲・編曲を担当した「りびんぐでっど」を披露。バンドメンバーの方に身体を向けて一緒に身体を揺らす菅田。まるで指揮者のように手を振りながらバンドメンバーのプレイを見て感じ、その上に菅田の歌声を乗せるように歌っていた。



ここで再び、菅田のMCへ。この日が自身の『仮面ライダーW』での俳優デビューの日であり俳優活動10周年であること、今回のツアー最終公演の日が重なっている特別な日であることを、笑いも取りながら様々なエピソードを踏まえて感慨深く語った。そして、昔からの仲間達と今一緒に活動できることへの感謝を述べ、その中で出会った米津玄師が作詞作曲・プロデュースを担当し、自分の兄貴分である松坂桃李の主演ドラマの主題歌「まちがいさがし」を披露、会場は感動の雰囲気に包まれた。歌手のあいみょんとフューチャリングした「キスだけで feat. あいみょん」では、MVの世界観を再現した映像をステージに投影して幻想的な雰囲気を醸し出した。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE