ハリウッドザコシショウ、狂気の「芸」が生まれた背景と10年続けた動画投稿

「ミニ単独ライブツアーSEASON⑪ツアー珍棒」東京公演直前にインタビューに応じたハリウッドザコシショウ(Photo by 大橋祐希)

東京でも大阪でもない、静岡が生んだ異色のエクストリームお笑い芸人=ハリウッドザコシシショウ。1992年、大阪NSC11期生として入学。陣内智則、中川家、ケンドーコバヤシらと同期で大阪・心斎橋筋2丁目劇場を中心にコンビで活動を続けるが、99年には事務所を辞めて上京。その後の2000年代のキャリア(コンビ解散〜ピン芸人として再始動)はザコシいわく「地獄」だったそうだが、『あらびき団』出演などを経て、42歳で「R-1ぐらんぷり2016」優勝(史上最年長王者での優勝だった)。

……という経歴だけ見れば「遅咲きの苦労人」というイメージを持たれるかもしれない。しかしザコシの尖った芸にそういったストーリーは不要である。最近はバラエティ番組のTV出演も増えているものの、その「軸」はまったくブレていないのだ。毎日、深夜0時〜6時頃に自身の公式YouTubeチャンネル「HollywoodZakoshisyohザコシの動画でポン!」に投稿される自作動画の数々を見てほしい。延々と続く福山雅治の「誇張しすぎたものまね研究所」シリーズ、今時のゲーム実況とは遠くかけ離れたファミコン攻略など、そこにはザコシの芸を形成するネタが山ほどある(そして一度ハマるとやみつきになる)。実際、ドキュメンタルのシーズン7で話題を集めた「サブリミナル」の映像や「殺すぞ」の映像も元々はこれらの投稿作品がベースになっている。

「ハリウッドザコシショウのミニ単独ライブツアーSEASON⑪ツアー珍棒」東京公演1日目の開演前、ザコシ本人がインタビューに応じてくれた。



Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE