ウィーザーのリヴァース・クオモが語る、科学的に作るセットリスト

2018年、ウィーザーのリヴァース・クオモ Miikka Skaffari/Getty Images

20周年を迎える「SUMMER SONIC 2019」で、現在来日中のベテラン オルタナティブロックバンドのウィーザー。先日の豊洲PITの単独公演での盛り上がりも記憶に新しい。昨年の11月、ローリングストーン誌にリヴァース・クオモが、新作『Black Album』への意欲とともに「Buddy Holly」や「Africa」、さらにはそれ以降の楽曲について彼らの「ライブ哲学」について語ったインタビューを掲載する。

※本記事は、2018年11月に米ローリングストーン誌に掲載されたものです。

ある日の午後、電話に出たリヴァース・クオモは南カリフォルニアの自宅兼スタジオにいた。「ここが僕の居場所なんだ。毎日、ずっとここにいる」と48歳のウィーザーのフロントマン、リヴァース・クオモは言った。「いつも作曲してる。最近はコンピュータープログラミングもしてるんだ」。

クオモが取り組んでいるのは、ファンのあいだで『Black Album』と呼ばれている、バンドと同名のアルバムの曲作りだ。2019年3月1日のリリースまであと数カ月を控え、バンドはプロデューサーでTV on the Radioのバンドメンバーでもあるデイヴ・シーテックとのセッションに集中していた。「すごくクールだ」とクオモは言う。「デイヴ(・シーテック)と僕たちは歳も近いけど、彼は90年代のまったく別のオルタナティブロックを聴いてきたんだ。彼はどちらかというとベックやビースティ・ボーイズを基準にしている。ニルヴァーナやスマッシング・パンプキンズを聴いてきた僕とは違う。すごくワクワクするよ」。

コンピュータープログラミングは? これは、クオモが生涯を通じて探求している空想的な知的趣味のなかでももっとも新しいものだ。この3年間、クオモは母校であるハーバード大学を介して「コンピュータサイエンス入門」というオンラインコースを受講している。「やっと修了できそうなんだ。たくさんのことを勉強したよ」とクオモは言う。「人生のほとんどを捧げた感じさ。クリエイティビティを発揮させてくれるような、ありとあらゆるプログラムをつくったし、次のツアーのバスルートも改良した。もちろん、僕が聖杯のごとく探しつづけているプログラムは、セットリスト ジェネレーターだ」。

セットリストジェネレーターが完成するまで、クオモは昔ながらの方法でウィーザーのセットリストをつくり続けるだろう。ここでは、どうやってクオモが2018年8月17日に行われた米ウィスコンシン州ミルウォーキーのイーグルズ・ボールルームでのライブのセットリストを組み立てたかを紹介しよう。

「Buddy Holly」(1994年)

バンドにとってもっともアイコニックなこの曲をライブのラストまで温存するのがこれまでのウィーザーにとってのお約束だったが、最近ではこうした楽曲がオープニングでも効果的である、と気づいたそうだ。「みんなが知ってるエネルギッシュで楽しいポップソングだ」とクオモは言う。「自分たちが何者で、どこから来て、どれだけウィーザーを愛しているかを思い出させてくれる」。

Translated by Shoko Natori

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE