山本彩とLUCKY TAPES高橋海が語るエンディング・テーマ制作の裏話

左から、山本彩、高橋海(LUCKY TAPES)

2018年3月より放送・配信されている音楽トーク番組「GYAO!CLUB INTIMATE」。GYAO!とJ-WAVE(81.3FM)によるコラボレーションによるアーティスト同士の対談形式の番組で、J-WAVEで毎週金曜日の23時〜23時30分に放送された後、GYAO!にてオフショットや対談の様子を収録した動画が放送終了後の23時30分から配信される(翌週水曜日の同時間にも別内容のものが配信される)。

今週からは2週にわたって、シンガー・ソングライターとして活躍する山本彩とインディ・ポップシーンで注目を集めるLUCKY TAPESの高橋海が出演。本記事では、GYAO! で配信された2人の第1回目の動画を紹介する。


番組のエンディング・テーマとして山本彩が書き下ろした楽曲「feel the night feat.Kai Takahashi(LUCKY TAPES)」の制作でコラボした2人。面と向き合ってしっかりと話すのは初めてだとのことで、お互い緊張すると笑いながらトークはスタート。 

まずは事前アンケートから、お互いの印象についての話へ。山本は、高橋が年が2つ上なのにも関わらず若く見えると話すと、高橋は最近スキンケアにこだわっていると明らかにした。一方で高橋は、山本が画面の中のくだけたイメージとは違って、とても礼儀正しくする姿に驚いたという。

続いて、曲制作の話へ。山本は今までにないジャンルへの挑戦ということで、LUCKY TAPESの曲を何度も聞いてレコーディングに臨んだという。会う前は、山本の力強く歌う印象が強く期待と実は不安があったと話す高橋。ところが、仮歌を録ってみるとトラックとの相性が意外によく、新しい経験ができたと語った。話し合いの中で、スピーディーに曲が変化し出来上がっていったというエピソードも披露。2人で作り上げた分、ライブでは「違いが出るような曲になる」と山本は語った。

そして、高橋の初めて買ったCDの話題へ。高橋は中学生の頃にmiwaかアヴリル・ラヴィーンのCDを買ったのが初めてで、ライブに初めて行ったのもアヴリル・ラヴィーンとのこと。すると、山本も小学生の時にアヴリル・ラヴィーンのライに親と見に行ったことを明らかにし、実はルーツが一緒だったことに驚く2人。同世代ならではの思い出話に「懐かしい!」と花を咲かせた。

GYAO! での次回の配信は、8212330分から。ぜひチェックしてみよう。

<番組情報>

J-WAVE81.3FM)『GYAO! CLUB INTIMATE』(毎週金曜 23時〜2330 ON AIR
https://www.j-wave.co.jp/original/clubintimate/


GYAO!GYAO! CLUB INTIMATE』(毎週水曜/金曜 2330分~配信)
※スマートフォンでの視聴はアプリのダウンロードが必要となります。
https://gyao.yahoo.co.jp/special/clubintimate/?source=external.rollingstonejapan

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE