モモコグミカンパニーの居残り人生教室「美容室に行くとわくわくする理由」

左からBiSHのモモコグミカンパニー、オオモトシンイチロウ氏(Photo by Takuro Ueno)



大事なのは自己満足にならないこと

モモコ:面白いですね。オオモトさんが考える美容師という職業の醍醐味ってどういうところにありますか?

オオモト:大事なのは自己満足にならないこと。自分本位になっちゃうのが一番ダメ。たとえばゴハン屋さんで、店主が「これが美味いんだ!」って出すメニューもいいけど、僕たちはお客様に合わせていくのが仕事なので。何千通りとある、それぞれのお客様の要望に応えていきながら、ある意味カメレオン的に少しずつ自分を変化させていく。髪を作る技術もそうだし、お客様との距離感もそう。そういう部分を大事にしてます。

モモコ:私も似たような感じですね。握手会で清掃員と話すときも、まずは相手の話を受け止めてから、自分がどうやって返そうとかすごく考えます。

オオモト:押し付けがましくならないように気をつけてます。絶対その髪の方がいいよ!みたいな感じにはしたくなくて。あと自分の中で大切にしていることがあって、このお店は僕にとってある意味舞台だし、僕たち美容師は演者でもあるから、営業中はきちっとした服で着飾りたい。だから自分はブーツを履くことも多いですし、そうすることでシャキッとする。お客様が遠くから足を運んで来てくれるわけだから、お店の空間、スタッフ、おもてなしも含めて、かつての僕がそうだったようにドキドキしてもらいたいんです。

自分をキャラクターみたいな見方で捉えることもあるので、その点はモモコさんから見習うこともありますよ。他にも表立って人前に出る職業の方を何人か担当させてもらってますけど、皆さん切り替えがとても上手で。自分らしさも出しつつ、舞台は舞台で別のモードできっちりやるというか。そういう姿から何か吸収できたらいいなと思います。

モモコ:オオモトさんは美容師のお仕事を昔と変わらず好きでいられてますか?

オオモト:天職だと思うし、今も大好きです。僕たちの業界って、たとえば髪の毛に関する薬剤も進化していくし、お客様が求めるものも進化していく。だから僕たちも常にアップデートしなきゃいけないんですよ。同じものだけを提供するだけじゃなくて、自分たちもいろんなものを探求して、それを繰り返していく。本当に終わりがないんです。

モモコ:変化していかなきゃいけないと。

オオモト:そうです。日々進化して、マンネリ化しないように自分に刺激を与えること。そうやって磨いたスキルに対して、お客様はお金を支払ってくださるわけだから、そういうスタンスは自分が身を以て示していくべきだなと。とにかく美容師は素晴らしい仕事なので、これからもずっと続けていきたいですね。

=あとがき=

美容業界に限らず、誰かに「自分はこういう人間です」と上手く自分を表現することは生きていく上で大切なことかもしれません。

オオモトさんの場合、「自分はこういう髪型を提供できる美容師です」と知ってもらうために、自分でサイトを作成するという方法をとっていましたが、自分のことを他者に知ってもらうためのツールは他にもいろいろなやり方があるはずです。

知らない誰かに自分のことを知ってもらうには自分から動くしかない。どれだけ素晴らしい技術や考えを持っていてもそのうち誰かが気づいてくれる、と何もせず待っているだけではもったいないと感じます。もし、あなたが誰も自分のことを分かってくれないと感じるのなら、あなたなりの表現方法を探して少しもがいてみるのはどうでしょうか。

・取材後、オオモトさんにスタイリングをお願いしたモモコ





before


after


モモコグミカンパニー(BiSH)
https://twitter.com/gumi_bish
2015年3月、BiSHのメンバーとして活動を開始。2016年5月のシングル「DEADMAN」で早くもメジャーデビュー。2017年12月には、結成からわずか3年で『ミュージックステーション』に出演し、“楽器を持たないパンクバンド”として強烈な個性を見せつける。2018年12月22日には幕張メッセ9・10・11ホールにて1万7,000人を動員した単独ライブ「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL "THE NUDE”」を開催した。2019年7月に全国ツアー「LiFE is COMEDY TOUR」を実施。7月3日には最新アルバム『CARROTS and STiCKS』をリリース、9月23日には大阪城ホールワンマン『And yet BiSH moves.』、、10月からは全国19カ所23公演をバンド編成でまわるホールツアー「NEW HATEFUL KiND TOUR」が決定。現在BiSHのメンバーはモモコグミカンパニーの他、アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dの6人。https://www.bish.tokyo/


WOM
東京都世田谷区北沢1-45-11 アルブ下北沢1階
https://wom-maison.com/

WOM代表 オオモトシンイチロウ氏 Twitter
https://twitter.com/morunojobana

Edited by Takuro Ueno(Rolling Stone Japan)


RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE