キノコホテル・マリアンヌ東雲が突き詰める「音楽」と「性」の本質

キノコホテル(©︎KING RECORDS)

サイケデリック・ガレージ+エロという独自の世界観を貫いてきた女性バンド・キノコホテル。7枚目のフルアルバム『マリアンヌの奥儀』ではその独自の世界観に異変が!?  キノコホテルの総支配人・マリアンヌ東雲が、アルバムのこと、性のことをタブーなし語ってくれた。

―ニューアルバム『マリアンヌの奥儀』、まずはアルバムジャケットから強烈ですね。『マリアンヌの休日』『マリアンヌの誘惑』の並ぶ衝撃の露出シリーズ的なことになっていますが。

たまたまなんですけどね。別に脱ぐコンセプトはなかったんですよ。アートディレクターの常盤響さんと衣装について打ち合わせした時に出たアイデアがいわゆるヴィンテージの結構レアなドレスで。今回お願いしたのが非常に急だった事もあり、手配が間に合わなくて。結果的に常盤さんが手作りして下さった装飾具をそのまま裸体に貼ったり巻いたりしてああなりました(笑)。

―結果的には、アルバムのリード曲が「ヌード」だし。

そうそう。上手く繋がったから良し(笑)。



―そもそも論なんですが、キノコホテルのベースにあるエロはどこから?

私自身は、エロって本当に意識していないんですよ。自分が特別エロいとか、セクシーだとも思わないですし。周りが勝手にそういうものを期待しているだけです。ステージで下着が見えたりするから、それで勝手にエロとか言われているだけで。

―それで充分にエロいとは思いますし、メディアでの発言もかなり過激ですし。

確かにお色気トークが好きではありますしそこに全く抵抗もないですが。ただ自分自身が日々エロを意識してるかというと別にそういうわけでもないです。性的な物事に対する執着も年々減退していく気がしているし、このまま終わっていくのかしら、なんて考えたり。マリアンヌさん的にはまずいんじゃないかと最近思ったりするんですけど(笑)。

―このまま終わるってどういう意味ですか?

女が(笑)。

―(笑)。それにしても、日本のガールズバンドでお色気トークがOKなバンドってあまりないですよね。

そうですね。というのもガールズバンドって年代が若い子が多いじゃないですか。若い子で下ネタOKな子って、音楽やっている子にはあんまりいないですよね。お酒ガブガブ飲んで下の話しか出てこないようなタイプって。特に東京には少ないです。みんな真面目でしっかりしている。寂しいというか、物足りなさを感じる事はありますね。こちらが振っても「やめてください〜(笑)」で終わってしまったり。単に興味がないのか。一つの探究心じゃないですか、エロって。良く言うと知的好奇心というか。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE