INORANが語る音楽人としてのアイデンティティ「常にドアを開いていたい」

最新アルバム『2019』をリリースするINORAN(Courtesy of KING RECORDS)



「消えたドーナツ」の真相

―全然話が変わりますが、先日のLUNASEAの武道館ライブで言っていた、「消えたドーナツは真矢さんが食べた」は本当なんですか?

(笑)RYUICHIが初めてLUNACYのメンバーに挨拶に来た時、RUICHIは2個だけドーナツを持って挨拶に来たという話ですよね。LUNCYは4人なので、ドーナツは2個足りないと。ただ、RYUICHIは4個買って持って行ったと言ってるけど、メンバーはドーナッツは2個しか見てない……。長い間のミステリーだったんだけど(笑)、実は真ちゃんが「2個、僕が食べました」という衝撃の告白を30周年の武道館でしてくれて(笑)。ただ、正直言うと、真相は俺はよく分からないんです。何せ30年前の話で、記憶がフワッとしているので。でも、真相とかじゃなくて、真ちゃんが円満にまとめてくれたっていうことだと思いますよ。最高のハッピーエンドですもん。

―確かに。8月7日のアルバムリリース後、8月21日から全国ツアーが始まりますが、前回より本数が多いように感じますが。

前回の『Override』のツアーよりは多いですね。なので、すごく嬉しいです。

―ライブが多い方がINORANさんは楽しい?

もちろんです。だって大好きな人と一緒にいれるんですよ。そりゃ楽しいですよ。

―今回のツアーで特別に楽しみにしていることは?

まずは、『2019』の曲たちがどう化けるか、というかどう進化していくかがすごく楽しみです。

―ソロもキャリア20年を超えたので、ライブで外せない曲だらけで、新しいアルバムを出すと、セットリストを組むのも悩ましいですよね?

うん。だから2〜3セット引っさげて回るかもしれないです。

―ツアーの途中でセトリが変わるかも?

そうですね。だからツアーは楽しみでしかないんです。もちろんその前に皆に『2019』を聴いてもらうことがすごく楽しみですけど。

―先ほど、ミュージシャンは時代の予言者と言ってましたが、INORANさんからみて、未来は希望ですか? 絶望ですか?

どっちかを選べと言われたら希望を選びます。もちろん大変なことはいっぱい待ってるけど、絶望だけを考えていたらダメだと思うし。それに備えはできるはずで。でも備えっていうのは希望であると思うし。だから、希望に向かっていければいいよね、皆で。確かに、人口の問題や年金問題もある。そういう心配事を棚に上げるんではなくて、それに対して希望ってもので打ち勝っていくことがすごく大事だと思うんです。だってあらゆる問題は地球規模になっているので。

―そういう時に音楽の役割ってますます重要になってくると思うんですが。

ゴールドマン・サックスからデータが出ていて、音楽産業はこれから右肩上がりになるらしい。2030年には、音楽産業は空前の売り上げになるんだそうです。ただし、誰かが突出して売れるとかではなくて、音楽産業の裾野が広がると。つまり、皆がもっと音楽を聴いてくれるわけだから、僕らももっと本気で音楽の力を信じて作っていかなきゃいけないなって思います。

―音楽で世界を変える時代が再び来ると?

でも、音楽だけではできないと思う。やっぱり横と繋がっていないと。理想論かもしれないけど、繋がって、刺激し合っていかないと。昔って、政治も音楽も芸能も繋がってたでしょ? だから強かった。それは癒着じゃなくて、共鳴し合ってた。今は、共鳴し合うものがないから孤立していって、犯罪を犯したり、人を殺めたりしてしまう。俺にはそう見える。でも、音楽を信じてくれるんだったら、音楽の力を信じて共鳴し合っていこうよって言いたいんです。音楽だけに任せないでさ。「音楽に任せておいたらいいんだよ」っていうのは俺は違うと思っていて。だから『やってよ』じゃなくて、みんなで共鳴し合って、不安なことに対して向かっていく。そのためには、当たり障りのないことだけじゃないことを言える世の中にしたいよね。

昔は近所におっかないおじさんっていたけど、その人がいて、コミュニティの均等が取れてたわけで。というより、その人が重要だったんだと思う。今は叱ることがなくなった。けなすことじゃなくて叱ること。怒ることじゃなくて、声をあげること。すごく大事なんじゃないかなって。そういう意味では今の若い子はすごく頑張ってると思う。俺らより立派だもん。結局、いつの時代も壊してきたのって大人なんだよ、やっぱり。だけど、もうそんなのはどうでもいいから、明るいほうへ持っていくように、一人ひとりができることがたくさんあるから。どんな職業でもまだ絶対できることがあるから。一人ひとりがそれをやれば良い世の中になっていくんじゃないかな。悲しいニュースばかり見ないで済むって思うんです。

―共鳴って素敵な言葉ですね。この『2019』も新しい時代の良いヴァイブスの共鳴のシンボルなのかもしれません。

そうであったら嬉しいです。いずれにしても、僕は僕でやれることを全力でやります。



<INFORMATION>

『2019』
INORAN
KING RECORDS
8月7日発売

【完全生産限定盤-PERFECT BOX-】


CD+DVD+LP
[CD]
1.Gonna break it
2.COWBOY PUNI-SHIT
3.You’ll see
4.Rise Again
5.Don’t you worry
6.Starlight
7.It Ain’t Easy
8.For Now
9.Don’t Know What To Say…
10.Long Time Comin
11.Made Of Fire
[DVD]「Starlight」Music Video
[LP]CDと同内容

【通常盤】


CD
完全生産限定盤のCDと同内容

INORAN オフィシャルHP
http://inoran.org/

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE