人間椅子、豊洲PIT公演レポート 30年間の歴史と30年分の進化

豊洲PITにてツアーファイナルを行なった人間椅子(Photo by 堀田芳香)

人間椅子が7月26日、東京・豊洲PITにて、〈三十周年記念オリジナルアルバム『新青年』リリースワンマンツアー〉のファイナル公演を開催した。人間椅子最高の出来との呼び声高い新アルバム『新青年』を引っさげ、全国12都市で開催されたこのツアー。その集大成に期待を膨らませた超満員の観客で豊洲PITは一杯になった。

19時5分、照明が落ちるとSEとして『新青年』の1曲目「新青年まえがき」が会場に響く。歓声と拍手の中、和嶋慎治(Vo&G)、鈴木研一(Vo&B)、ナカジマノブ(Vo&Dr)が登場すると、SE中の歌詞で「君も 僕も 生まれ変わる」と宣言され、1曲目「あなたの知らない世界」からライブはスタート。和嶋の超攻撃的なギターリフには会場は待っていましたと大盛り上がりだ。続いて、ナカジマのドラムソロから始まる『新青年』のボーナス・トラック曲「地獄のご馳走」。和嶋のテルミンが奇怪な悲鳴の如く轟き、激しい中にも見入ってしまうような魅力に溢れたライブが繰り広げられる。



MCでは、和嶋が生配信で見ている世界中の人に向けて、YouTube越しに英語で「Please don’t forget to thumbs up and subscribe!」と投げかけ今流行りのYouTuberの様な振る舞いを見せると、会場はそれまでの張り詰めた空気とのギャップに笑みが漏れる。MCでは爽やかに楽しませるその気取らない自然な姿もまた、人間椅子のライブの魅力の1つとなっている。そして、『新青年』の売れ行きが30年間で最も良いことにも触れ、「我々死ぬまでバンドやっていきますので、よろしくお願いします!」とファンにとってはたまらないような宣言もなされると、これからもついて行きますといった喜びの歓声が会場に広がった。そこから、江戸川乱歩の短編怪奇小説から着想を得た曲「鏡地獄」、2014年のアルバム『無頼豊饒』から「地獄の料理人」と怒涛のヘヴィネスが次々に展開されていき、会場は熱気を増していく。鈴木が「人間椅子がもうやらなくなったベストテンの一曲の入る曲です」と言って披露したのは、1991年の2ndアルバム『桜の森の満開の下』から「盗人讃歌」。人間椅子にしか作り出せない壮大な展開は、30年間の進化の中で更に深く醸成されていた。続く「幻色の孤島」も途中のアルペジオから変調する物語性の高いレア曲だ。

そして、ツアー初日の時点でYouTubeの再生回数100万再生、ライヴ当日には196万再生を突破し、世界中から絶賛されている人間椅子の新たな名曲「無情のスキャット」へ。CD音源よりもライヴでのヘヴィさは更に増し、凶暴な重低音に観客は圧倒された。続けて再び2ndアルバム『桜の森の満開の下』より「太陽黒点」を披露。怪しげに赤黒く照らされた3人の姿がとても印象的だった。本ライブの選曲は、進化した旧曲と進化した先に紡ぎ出された新曲が入り混じり、まるで小説の短編集を読んでいるかのような満足感を魅せる。30年間の歴史と30年分の進化を前に観客は目が釘付けになっていた。







『新青年』より「いろはにほへと」で3人の痛快なグルーヴが会場を巻き込むと、鈴木が「僕の大好きなジーン・シモンズ(KISS)に捧げましょう」と言って披露した「瀆神」、続けて「今昔聖」へ。“兄貴”ナカジマの熱いMCパートで会場は大きく盛り上がると、ナカジマが豪快に歌い上げる「地獄小僧」で会場の熱気は最高潮に。その勢いのまま「地獄の申し子」、「超自然現象」へ。和嶋の歯ギター奏法が会場に響くと、大人気曲「針の山」で本編は締められた。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE