グライムスが語る、剣術やアイソレーションタンク駆使する独自のフィットネス論

グライムス(Photographs used in illustration: Vivien Killilea/Getty Images; Shutterstock)

新世代のポップ・アイコンとして人気を集めるカナダの女性ソロアーティスト、グライムスことクレア・バウチャーは、肉体改造にも熱心だ。2012年のアルバム『Visions』の製作で9日間、外部からの接触を一切絶って、飲まず食わず部屋にこもった話は有名だ。

「9日目に入るとヤバい領域に入っていくの」と、ガーディアン紙に語った。「刺激が全くないから、潜在意識がその空白を埋めようとするわけ。霊と交信してるような気分になってきたわ。私の音楽は神からの贈り物なんだって本気で思った。もうすでに曲が完成しているかのように、次に何をするべきかはっきりわかっている感じだった」

後になって振り返れば、自分の作品に対するこうした近未来的な、禅僧めいたアプローチこそが、元交際相手のイーロン・マスクを引きつけたのかもしれない。だが現地時間16日、グライムスがアディダスと提携して自らのフィットネス法をInstagramに公開した時、彼女がピーター・ティールばりのアンチエイジング健康法を本気で支持しているのか、それとも巧妙に練られたジョークなのか、人々は少なからず当惑した。このフィットネス法のポイントは「アイソレーションタンクを2〜4時間」「午後に剣術を1〜2時間」、そして彼女の血液型に最適化されたという「神経可塑目標値」なるもの。

以下、Instagramで公開されたグライムス流の健康法をひとつずつひも解きながら、その信憑性を検討してみよう。

この投稿をInstagramで見る

ADIDAS: Tell us about ur training regimen ? GRIMES: My training is a 360 approach. I first maintain a healthy cellular routine where I maximize the function of my mitochondria with supplements such as NAD+, Acetyl L-Carnitine, Magnesium, etc. This helps promote ATP and it’s incredibly visceral. From that point I spend 2-4 hours in my deprivation tank, this allows me to “astro-glide” to other dimensions - past, present, and future. In the afternoons I do a 1-2 hour sword fighting session with my trainer, James Lew, we go over the fundamentals that work the obliques, core stabilizes, and triceps as well as a few tricks. To wind down from this I spend 30-45 minutes on an inclined hike at roughly 4-4.5 miles per hour, arguably the most efficient workout. I then spend 45 minutes stretching before heading into the studio where my mind and body are functioning at peak level, with a neuroplastic goal between 57.5 and 71.5 AphC’s (which is my preferred range for my blood type). I’ve outfitted my studio with the highest grade of red light. It is pretty much 1000 sqf IR Sauna. Hana then comes over and we do a screaming session for 20-25 minutes while I slow boil the honey tea that maximizes vocal proficiency. I have also eliminated all blue light from my vision through an experimental surgery that removes the top film of my eyeball and replaces it with an orange ultra-flex polymer that my friend and I made in the lab this past winter as a means to cure seasonal depression. I go to bed with a humidifier on. #asmc #adidasparley #createdwithadidas #gentrifymordor

MISS ANTHROPOCENEさん(@grimes)がシェアした投稿 -



その1:健康的な細胞活動を維持するために、NAD+やアセチルLカルニチン、マグネシウムといったサプリメントを摂取して、ミトコンドリアの機能を最大限に引き出すの。そうすることで、アデノシン三リン酸の促進を助けて、本能が高まるのよ。

専門用語が満載なので、できるだけ噛み砕いてみよう。NAD+とは、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)の酸化物で、生きている細胞の中に含まれる化合物だ。近年、アンチエイジング治療のサプリとして注目されるほか、パーキンソン病などの病気治療にも効果があると言われている。ただし、この点に関して決定的な研究結果はまだ出ていない。アセチルLカルニチンとは自然界に存在するアミノ酸で、エネルギー生成を助ける働きをする。錠剤の形で、アルツハイマー病やうつ病など様々な精神病疾患の治療に使われている。マグネシウムは人間の骨組織を形成する成分だが、マグネシウム不足になると数々の健康障害を引き起こす場合がある(マグネシウムはアデノシン三リン酸――細胞活動にエネルギーを供給する化学物質――の生成過程に不可欠な電解質でもある)。当然ながら、サプリメントの形で幅広く使われている。

筆者は科学者でも分子生物学者でもないが、これら3つの療法がミトコンドリアの新陳代謝に関係しているのは確かだ。アンチエイジング治療に対するNAD+の効能をめぐってはいくらか怪しい説もあるが、これらの物質はいずれもインチキな偽薬ではない。どれも処方箋なしで買えるサプリメントとして、最寄りの薬局で購入できる。

その2:そこからアイソレーションタンクの中で2〜4時間過ごす。そうすると、別次元――過去、現在、未来へと、時空を超えることができるのよ。

アイソレーションタンクとは、フロート・タンク療法としても知られ、心と身体をリラックスさせるのが目的。基本的には、水とエプソム・ソルト(硫酸マグネシウム)を満タンにした「隔離タンク」に横たわり、すべての感覚を遮断する。「闘争/逃走」という葛藤を捨て去り、血圧とコルチゾール値を下げるので、慢性的な痛みや不安症に悩む人々にはとくに効果的だ。またアックス博士によると、「宇宙飛行士」気分を味わうこともできる。グライムスが別次元へと「時空を超え」たかどうかは、彼女自身の感性に任せておくがよかろう。口コミサイトYelpユーザーのアンドリュー・K氏は、ニューヨークのLift Next Level Floatsでの体験を「小惑星での瞑想」とたとえた。毎日「2〜4時間」タンクの中で過ごすのは極端な気もするが、普段からアイソレーションタンクを利用する人にはちっとも変ではないのだろう。

Translated by Akiko Kato

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE