a flood of circle、ツアーファイナルで見せた結束「今が一番無敵の自信がある」

a flood of circleの佐々木亮介(Photo by 新保勇樹)

7月13日、 マイナビBLITZ赤坂でツアーファイナルを迎えたa flood of circle。メンバー全員が作詞・作曲を手掛けたミニアルバム「HEART」が11月6日にリリースされることも発表。以下、公式レポートをお届けする。

6月9日の千葉公演から全国12ヵ所を回ってきたa flood of circle(以下AFOC)のワンマン・ツアーが7月13日、マイナビBLITZ赤坂でファイナルを迎えた。ツアー・タイトルは「a flood of circle Tour“CENTER OF THE EARTH”~アーユーハイテンション?~」。今回のツアーは今年3月にリリースした9thアルバム『CENTER OF THE EARTH』と4月24日にリリースした10thシングル『The Key』をひっさげてのものだった。

“おはようございます。a flood of circleです”という佐々木亮介(Vo/Gt)によるお馴染みの挨拶から、“Are you ready!?”とライヴは『CENTER OF THE EARTH』のオープニングを飾る「Flood」でスタート。一気に加速をキメたバンドの演奏に火をつけられた観客がぐぐぐっとステージに押し寄せ、早くもモッシュが始まる。

そこから2時間たっぷりとバンドは『CENTER OF THE EARTH』と『The Key』の収録曲を軸に全21曲を披露した。「Flood」から「The Beautiful Monkeys」「Vampire Kila」……とバンドが躍動感に満ちたパフォーマンスとともに狂騒のロックンンロールをたたみかけるようにつなげ、 モッシュ、ダイヴと観客を存分に暴れさせると、今度は「Drive All Night」「Rodeo Drive」「美しい悪夢」のダンス・ビートで踊らせる。ミラーボールを輝かせ、ダンスフロアを演出したスウィンギンな「美しい悪夢」では佐々木が“ナベちゃん! On bass, HISAYO!  アオキテツ!”とメンバーを紹介しながら、それぞれにソロを披露して客席を沸かせた。


photo by 新保勇樹

そして、「輝いている君には誰も敵わない」というメッセージを込めた佐々木の歌を、2ビートの早い演奏にもかかわらず、観客がしっかりと受け止めた「Youth」からの後半戦は、佐々木が曲に込めた思いを語りながら1曲1曲、じっくりと聴かせていった。

「ここにいる人たちに愛をこめて」

ツアー・ファイナルに足を運んだ観客に感謝の気持ちを込めながらアカペラで始めたソウルフルなバラードの「スノードームの夜」ではスモークと照明を巧みに使い、歌詞にある星空の雪景色を描き出してみせる。ロックンロール・バンドを掲げながら、単に荒々しいだけじゃないところがAFOCならではと改めて思わせる心憎い演出だった。

そして、「The Key」からバンドの演奏は再びテンポアップ。

「テンション低いんじゃないですか!?」とアオキテツ(Gt)が煽った「ハイテンションソング」から「Dancing Zombiez」につなげると、ダンサンブルなビートにモッシュとダイヴで応えた観客は、「ここから始めようぜ!俺たちとあんたたちの明日に捧げます!」と佐々木が言った「シーガル」で佐々木が客席に向けたマイクに向かってシンガロング。そこで生まれたアンセミックな空気は、「まだまだやれるぜ!行ける気しかしない。全然ゴールじゃない感じがうれしいです。ここから始まるってマジで歌える。俺も君も一緒に進むしかない!」という佐々木の言葉に応え、アオキのギターがファンファーレのように鳴った本編最後の「Center Of The Earth」で、さらに大きなものになり、会場全体を包み込んだのだった。


photo by 新保勇樹

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE