テラハ出演からカフェライブまで、怒涛の7年を過ごした住岡梨奈が音楽活動を休止する理由

住岡梨奈(Courtesy of TOKUMA JAPAN COMMUNICATIONS)

シンガー・ソングライター、住岡梨奈が自身の集大成となるベスト盤『住岡梨奈 2012-2019』を発表した。キューンソニー時代から徳間ジャパン時代までの全楽曲から住岡梨奈自身が収録曲をセレクトし、新曲2曲も追加した。今年8月で活動を休止する住岡梨奈に、7年間の歩みを振り返ってもらいつつ、その心境をあらためて聞いてみた。

―ベスト盤『住岡梨奈 2012-2019』をリリースして活動をお休みされることをニュースで知って。ご自身の心境としてはどうでしょうか。

今は8月のライブ(住岡梨奈 LIVE tour 2019「笑顔のために」)に向けてすごく前を向いていますね。どうしたら成功させられるか、お客さんとどう向き合おうかということで頭がいっぱいで、寂しさよりも自分が最後に出せるものって何だろう?と、自分自身と向き合っている感じがします。

―目の前にあるものをまずは完璧にこなそう、というスタンスなんですね。住岡さんのInstagramで、Rihwaさんと山崎あおいさんの3人で写真を撮られていましたね。同じ北海道出身でデビューも2012年?

そうなんです。私が6月デビューでRihwaちゃんが7月、あおいちゃんが8月だったかな。同じ年に1カ月ごとにデビューしているんです。デビューする前に対バンもしていて、お互い知っている仲でみんなが上京したので、定期的に会っています。実はこの後発表になるんだけど……というメールを送って、“近々ご飯に行こうよ”と集まった時に撮ったのがインスタの写真ですね。同郷で、仲間であり切磋琢磨し合える存在でもあり、お互い人としても尊敬し合っているので、「人生一回きりだもんね」と私が決めた道を応援してくれました。

―同郷でありデビュー年も一緒だから戦友的な意識もあると。

シンガーソングライターなのでフィールドは同じだけど、それぞれ音楽のカラーや性格も違うので、常に注目しているし興味がありますよね。エンターテインメントとして2人を見ていると“勝てないな”とい思う部分もあります。尊敬の方が強いかな。でも、負けたくないとも思います。2人にすごくパワーをもらっていますね。何でしょうね、どっちの気持ちも常に2人に対してはセットでありたいです。あおいちゃんとは2人でツーマンライブを廻ったことも思い出深いですね。

―その2人がエンターテインメントとしてすごいなと思う一方で、自分にしかない武器は何だと思いますか?

それをいつも考えさせられるんです。2人を見て、私も自分のいいところを伸ばそうとエンターテインメントとして作り込んでやってみるんですけど、作り込めば作り込むほど不自然に見えてしまう……。だから、作り込むのはもうやめて、私は自然体のままでいようって考えるようになりました。「じゃあ私は本質の部分だけで何ができるんだろう?」ってまた考えるんですけど……何でしょうね? カフェツアー(tour 2016「music wagon “26”」)を通じてわかったことがあって。目の前のお客さんの表情が見えて、奥のお客さんの反応まではっきりと見えて、ライブが終わってから物販でお客さん一人一人と話したりコミュニケーションを取る中で、「そういうふうに私の音楽を楽しんでくれているんだ」と少しずつわかっていきました。間違えてごめんねするところはごめんねする、そういう自然体の姿まで見てもらうのがお客さんのリラックスに繋がるんじゃないかと。

それと、カフェライブの時は椅子に座ってゆったりとした気分で、音楽を楽しんでもらう時間を提供できるんじゃないかと思っています。デビューしてからバンド編成でのツアーを何回か廻らせてもらう中で、「ずっと立って観るのは大変だな」と思う部分があったんです。ライブハウスいっぱいの人に向けて歌うのももちろん楽しいのだけど、“私はどういうライブがしたいんだっけ”と考えた時に、もっと身近な距離感で、生歌に近い状態の音楽をで届けたいなと思ったんです。それでその時26歳になるタイミングだったことにかけて、26本を廻るカフェライブツアーを行いました。メンタル的にも鍛えられて、歌とギターで自分がどれだけ出来るのかも見えた気がしました。やりたかったことをやってみて、お客さんが一人でも二人でも三人でも、何人でもいいから歌っていくんだって。お客さんが多ければ多いほどいいものではあるけど、私にとっては一人一人に届けることがすごく大事なんだなって改めて気づかされました。原点に戻るじゃないですけど、そんなことに気づきながら進んできた、かなり充実した7年間だったと思います。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE