RADWIMPSと共演した新星ラッパー、MIYACHIが語るヒップホップと日米のルーツ

MIYACHI(Photo by Aya Ikeda)

「喋り方がワサビ」「英語わかりません」など、独特な言い回しとフロウで注目を集めてきた気鋭のラッパーが宮地ことMIYACHIだ。日本人とアメリカ人の両親の元に生まれ、二言語を駆使して越妙なリリックを紡ぎ出す。

2017年にYouTube上で発表したミーゴスの代表曲「Bad & Boujee」のビートジャック「BAD & ブジ」が好事家の間で話題になり、翌年にはシングル「WAKARIMASEN」を発表。YouTubeでのMV再生回数は200万回を超え、ヴァイラル・ヒット化した。日米双方のシーンを俯瞰しながら、独自の解釈で言語や文化をミックスしていく彼のスタイルは、実にユニークだ。今回、1stアルバム『WAKARIMASEN』をリリースしたMIYACHIに話を聞いた。

ーもともと、拠点はずっとアメリカですか?

MIAYCHI:はい、ずっとアメリカに住んでいます。NYで生まれ育って、20歳くらいの時に大学に入学してフィラデルフィアに引っ越しました。僕のお母さんは日本人で、お父さんはアメリカ人。お母さんが高校生の時にアメリカに引っ越して、お父さんと出会って結婚してNYに住むようになったんです。

ーでは、自然と子供の頃から日本語・英語の両方が混ざり合う環境にいたのでしょうか?

MIAYCHI:そうですね、家の中でお母さんと話す時は主に日本語でした。とはいえ、英語の方をたくさん喋ってたけど。日本語は、日本語学校に通って習っていたし、そこで日系アメリカ人の友達も出来たんです。

ーちなみに、NYのどの辺がご実家なんですか?

MIAYCHI:アッパーウエストサイドですね。


「喋り方がワサビ」のラインが登場する「9回裏のSASAKI」

ー子供の頃はどんなことをして遊んでいましたか? 日本のアニメや漫画に触れることもあった?

MIAYCHI:普通に、公園とか学校で遊ぶことが多かったかな。ミヤザキ(宮崎駿)の映画は全部見ていました。あとはドラえもんとかアンパンマン、サザエさんも。

ーでは、小さい頃から日本のカルチャーにも触れていたんですね。実際に日本に来ることも多々あった?

MIAYCHI:お母さんの実家が福岡で、よく行っていました。(日本での時間は)すごく嬉しかったし楽しかった。「町の中に外国人として一人だけ」みたいな気持ちもあったけど、ほとんどがいいエクスペリエンス(経験)だったと思います。

ーそのうちに、ラップを始めるようになるわけですが、一体どんなきっかけだったんですか?

MIYACHI:みんな周りの人がヒップホップを聴いてたし、12歳からの友達ーー今回のアルバムにも参加してるCofaxxって人なんだけどーーも、高校に入ったらトラックメイカーとして活動し始めて、それを見てインスパイアされたのがきっかけだったと思います。あと、高校生の時に周りのクルーもみんな遊びでラップをやってたから。

ーそのころ、NYではどんなラップが流行っていましたか?

MIYACHI:ちょうど高校4年生(アメリカの高校は4年制のところが多い)の時はジョーイ・バッドアスとかプロ・エラ、アンダーアーチーヴァーズとかアクション・ブロンソンたちがみんな出てきた頃だった。だから、あの頃はNYのエネルギーがすごく伝わってきた時期でしたね。


Photo by Aya Ikeda

ー最初は、英語でラップしていたわけですよね。

MIAYCHI:多分17歳の時にラップを始めて、そこから7年くらいは全て英語でやっていました。

ーリリックに日本語をミックスしようと思ったのはなぜ?

MIAYCHI:ある日、「日本語でラップしようかな」って思いついて。でも、あんなに騒がれるとは思ってなかったですね。

ー私も、YouTubeで「BAD & ブジ」を聴いて「なんだ、このスタイルは!」と驚愕して。

MIAYCHI:前は軽くラップをやっていて、そんなに真面目じゃなかった。でも大学に入ってフィリー(フィラデルフィア)に引っ越してから、色々と問題があったりしたんです。その時に、「もっとラップを頑張ってうまくなりたい。人生キツいけど頑張る」という気持ちがすごくあって。「BAD&ブジ」を発表して、「よし、(ラッパーとして)やっていこうか」みたいな気持ちになりました。


タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE