BABYMETALライブレポ「新章を告げる生命力とピュアネス」

『BABYMETAL AWAKENS -THE SUN ALSO RISES-』横浜アリーナ公演(Photo by Taku Fujii)

BABYMETALの国内単独公演『BABYMETAL AWAKENS -THE SUN ALSO RISES-』が6月28日、29日の2日間にわたり横浜アリーナにて行われた。

昨年12月のオーストラリア公演以来約半年ぶり、BABYMETALにとって2019年最初のライブとなるこの2DAYS公演。特に昨年は“DARK SIDE”と位置付けた新たなスタイルによる「METAL RESISTANCE EPISODE VII」が反響を呼んだが、今回の単独ライブではどんな姿を見せてくれるのか、開催前から大きな注目が寄せられていた。本稿では6月29日公演の模様をお届けする。初日の28日公演終了後には「ステージに(メンバーが)3人いる!」「“DARK SIDE”ではない、以前のBABYMETALが戻ってきた!」など、BABYMETALが新章「METAL RESISTANCE EPISODE VIII」に突入したことで昨年までとは異なる姿を現したことが話題となったが、ついにその真実をこの目で確かめる瞬間が訪れた。

会場に入ると、アリーナ中央まで延びた花道と、その際に設置された多面体のオブジェのようなものが目に飛び込んできた。ここからどんな物語が繰り広げられるのか、早くも期待が高まっていく。定刻になると会場が暗転、スクリーンにはここから始まる新たなストーリーが告げられると、ステージには白装束に狐のお面を付けた、どことなく結成当時のメンバーを彷彿とさせる3人が登場した。その後ストーリーは進み、“3人の勇敢なアヴェンジャーズ”と紹介されたダンサー3人が登場し、その中から毎回1名が選ばれ、SU-METAL(Vocal & Dance)、MOAMETAL(Scream & Dance)とともにパフォーマンスすることが告げられた。

この日ステージに立つダンサーが決定すると、SU-METAL、MOAMETALと合流して“3人のBABYMETAL”のシルエットがそこに現れる。この光景だけで早くも興奮を隠しきれないオーディエンスは少なくなかったはずだ。こうしてBABYMETALはいきなり新曲でライブをスタートさせた。疾走感の強いこの高速メタルナンバーでは、いきなりSU-METALの伸びやかな歌声と、完璧に息の合った3人のダンスに圧倒させられる。序盤こそ新曲にじっくり聴き入っていた観客も、曲の後半では早くも拳を上げるなど好意的に受け入れられているようだった。きっとこの曲は今後、ライブの盛り上げに欠かせない重要な1曲になることだろう。



2曲目には早くも代表曲「メギツネ」が登場。SU-METALの「Are you ready to jump ?」という掛け声に合わせて、オーディエンスは思う存分跳ねたり踊ったりを繰り返す。ふとスクリーンに映ったメンバーに注目すると、SU-METALとMOAMETALの表情からは自然と笑みが溢れており、いかにこの日を楽しみにしていたかが伝わってきた。

「Elevator Girl」ではアリーナ中央まで移動したステージが曲に合わせて上昇〜下降するなどの演出も。新たに用意された不気味なマスクを着用した神バンドによる、キレの鋭い演奏も拍車をかけ、会場の熱気は曲を重ねるごとに高まり続ける。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE