BiSHの生き様が「楽器を持たないパンクバンド」に投影された夜

全国14ヶ所21公演のツアーファイナルを行なったBiSH(Photo by Sotobayashi Kenta)



BiSHが特異な点は、6人それぞれの強みを最大限伸ばした活動が、グループの強さにもつながっているところだ。セントチヒロ・チッチはロックの精神的な支柱を担い、アイナ・ジ・エンドは歌もさることながらBiSHのダンスを支え、モモコグミカンパニーは歌詞やMCのような言葉でBiSHの在り方を示す。リンリンは瞬間的な狂気や耽美的な佇まいで魅せ、ハシヤスメ・アツコはコントといった武器を持ち、アユニ・Dは多くを語らずとも歌とダンスを誰よりも全力で行うなどカリスマ性を持っている。そうした多様性がグループとしてもっとも表れていたのが、ファイナルで魅せた「FREEZE DRY THE PASTS」だった。ステージ中央に椅子が置かれ、そこにリンリンが座り、その周りを5人のメンバーが囲う。立とうと思っても足がもたつき立てないリンリンと床に顔をつけながら歌う他のメンバーたちとの共存は、コンテンポラリーであり、演劇的であり、6人それぞれの個性があってこそ成り立つ一種の現代アートのようでもあった。



そうした現在のBiSHが到達した楽曲もありつつ、「BiSH-星が瞬く夜に」の3連発や初期楽曲「MONSTERS」などで清掃員とともに盛り上がったり、「PAiNT it BLACK」、「stereo future」でマスに向けても伝わるくらいの堂々としたパフォーマンスを見せたり、「My landscape」のような唯一無二な存在感をも示すことができる。これは一朝一夕にできることではなく、これまでの1つ1つの積み重ねがあり、なおかつ6人全員がBiSHとはなにかということに向かい合った結果によるものである。

セミファイナル、ファイナルともに、モモコとチッチはMCで清掃員についての話をした。清掃員たちがいることによってBiSHはBiSHになっているのだ、と。

モモコグミカンパニー「他の公演もそうだったんですけど、BiSHが6人変わりがいないのと一緒で、みなさんにも変わりはいなくて。私たちが見えないところで、苦しいときとか、嬉しいときとか、人生の時間をBiSHと過ごしてきたから、こうやって心を分かち合えるというか。みなさんにもBiSHと関わった過去があるから、やっぱり今日この空間はみなさんじゃなきゃダメだと私は思います。人生をおいしいところどりして笑ったり喜んだりするだけじゃ、やっぱり本物にはなれないと思うので、みなさんも変わりがいない自分の人生の苦しいところも痛かったところも全部抱きしめて、変わりのいない自分自身をもっともっと大切にしていってください」

BiSHのメンバーは、自分たちが誰かを救うということを言わない。むしろ私たちもあなたたちと一緒だという。

セントチヒロ・チッチ「今日このライブが終わってライブハウスを一歩出たら、私もあなたがたも自分の生活に戻るでしょ? そうしたときに現実に引き戻されて喪失感に襲われる瞬間があると思うんですけど、私もそうだし、メンバーもそうだから、1人じゃないと思ってください。そして今この瞬間が大好きだってことが伝わったら嬉しいです。私たちが何者になっていくかなんてまだまだわからないんですけど、誰に勝つでもなく、誰に負けるわけでもない、私たちにしかできない新しい道を切り開いていくので、みなさんもどうか自分だけの正解を、イエスをみつけて生きていってください」

どれだけ周りからの期待や存在が大きくなろうとも、1人の人間として自分へと、そしてグループへと向かいあう集合体であるBiSH。10月からは再び4カ月間に渡るホールツアー「NEW HATEFUL KiND TOUR」へと臨む。そのツアーを経て、BiSHという新しいバンドの形の輪郭がよりはっきり見えてくるのかもしれない。



BiSH「LiFE is COMEDY TOUR」
セットリスト

2019年7月2日(火)Zepp Tokyo
1. BiSH-星が瞬く夜に
2. BiSH-星が瞬く夜に
3. BiSH-星が瞬く夜に
4. DiSTANCE
5. スパーク
6. OTNK
7. GiANT KiLLERS
8. DEADMAN
9. 遂に死
10. I am me.
11. MORE THAN LiKE
12. PAiNT it BLACK
13. stereo future
14. My landscape
15. 本当本気
16. プロミスザスター
17. オーケストラ
18. beautifulさ
EC1. BiSH-星が瞬く夜に
EC2. 優しいPAiN

2019年7月3日(水)Zepp Tokyo
1. DiSTANCE
2. MONSTERS
3. GiANT KiLLERS
4. DEADMAN
5. FREEZE DRY THE PASTS
6. 遂に死
7. PAiNT it BLACK
8. stereo future
9. FOR HiM
10. I am me.
11. MORE THAN LiKE
12. HiDE the BLUE
13. My landscape
14. SMACK baby SMACK
15. プロミスザスター
16. オーケストラ
17. サラバかな
18. beautifulさ
EN.1 ALL YOU NEED IS LOVE



<ツアー情報>

NEW HATEFUL KiND TOUR

2019年10月6日(土)埼玉 サンシティ越谷
2019年10月13日(日)熊本 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
2019年10月14日(月・祝)福岡 福岡サンパレスホテル&ホール
2019年10月18日(金)京都 ロームシアター京都
2019年10月22日(火・祝)静岡 沼津市民文化センター
2019年10月27日(日)香川 レクザムホール
2019年11月3日(日)愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
2019年11月4日(月・祝)愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
2019年11月9日(土)愛媛 松山市民会館
2019年11月14日(木)東京 オリンパスホール八王子
2019年11月16日(土)山口 周南市文化会館Z
2019年11月17日(日)広島 上野学園ホール
2019年11月23日(土)石川 本多の森ホール
2019年11月24日(日)長野 ホクト文化ホール・大ホール
2019年11月29日(金)神奈川 相模女子大学グリーンホール
2019年12月4日(水)東京 東京国際フォーラム
2019年12月7日(土)北海道 札幌文化芸術劇場 hitaru
2019年12月13日(金)宮城 仙台サンプラザホール
2019年12月14日(土)岩手 盛岡市民文化ホール(大ホール)
2020年1月10日(金)兵庫 神戸国際会館こくさいホール
2020年1月11日(土)大阪 オリックス劇場
2020年1月18日(土)栃木 宇都宮市文化会館
2020年1月22日(水)東京 NHKホール
2020年1月23日(木)東京 NHKホール
※ダイブ・リフト・サーフ禁止

チケット料金/(税込)
【通常チケット】
S席 7000円(税込)
A席 3500円(税込)
年齢制限/ 未就学児童入場不可

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE