CHAIがステージで体現した「新しい自分」になる生き方

新木場 STUDIO COASTでツアーファイナルを開催したCHAI(Photo by 中磯ヨシオ)

CHAIが2019年6月29日、東京・新木場スタジオコーストにて、CHAI JAPAN TOUR 2019「PINKなPUNKがプンプンプン トゥアー!」のツアーファイナルを行った。アメリカ、ヨーロッパ と世界を廻り、“NEOかわいい”をさらに進化させたCHAIのライブをレポートする。 

16時30分に新木場 STUDIO COASTがオープン。「写真OK! ムービーOK! 歌うのOK! 踊るのOK! 帽子もOK! とにかくOK! CHAIだよー!」とアナウンスが流れる中、ドラムセットの下には、「CHAI」と縁取られた電飾が、すでにスタンバイした楽器をキラキラと照らしていた。

 

17時40分、CHAI、の電飾がSEに合わせて光り始める。会場の期待が一気に高まる中、全身ピンクのかわいい衣装に身を包んだCHAIのメンバーが、仮面で顔を隠しながらステージに登場。仮面をパッと取り、4人の可愛い笑顔が現われると、会場からは大きな歓声が上がった。「Hi, everybody! We are CHAI! JAPANツアーファイナルへようこそー! 私たちも楽しみにしとったJAPANツアー、最後まで楽しんでいってー! It’s a showtime.」とマナが叫ぶと、2ndアルバム『PUNK』の1曲目「CHOOSE GO!」からライブはスタート。歌詞の通り「無敵なスマイル」がCHAIと会場にあふれていく。そのまま心地よく歪んだギターから始まる「ボーイズ・セコ・メン」へ。ツアー名の通り、1stアルバム『PINK』も2ndアルバム『PUNK』も最高純度で楽しめるのだと実感し、会場の熱気が一気に上昇する。



続けて「ファッショニスタ」を披露した後、ユウキとユナの重厚なリズムに乗せ、マナとカナがCulture Clubの「Karma Chameleon」の替え歌で「NEO、かわ、かわ、かわ、NEOかわいいー!」と歌いながら、特設のセンターステージを回遊。ステージに戻り、4人でアカペラになると、手拍子が起こり会場は一つに。「私がCHAIだよ」と締めると、大きな歓声が沸き起こった。そしてそこから、マナが英語で自己紹介をすると、ユウキが通訳者の様に日本語へと翻訳をするというキュートなミニコントが。以下、ユウキの日本語訳。

マナ/ユウキ「わたしみんなに訊きたい。みんな、コンプレックスある? わたし、コンプレックス、たくさん、ある。私の目、すごい小さい。これは、大事な目。This is NEO KAWAII!!(マナ) そして、私の足、すごい短い。これは大事な足。This is NEO KAWAII!!(マナ) コンプレックスは個性だよ。みんな、素晴らしい。This is NEO KAWAII!!(マナ)そう思うでしょ?」



そのまま、「Yes! Yes!」のコールアンドレスポンスに楽器がリズムを作っていくと、強烈なグルーブを産み出すCHAIの代表曲「N.E.O.」を披露。会場は最高潮の盛り上りを見せる。その興奮冷めやらぬまま、サイレンが鳴り響くと、2ndEP『ほめごろシリーズ』より「クールクールビジョン」へ。バキバキなシンセサイザーが攻撃的に突き刺さる。続けて「GREAT JOB」、「カーリーアドベンチャー」を演奏すると、ステージは暗転。

2017105日、晴れ。CHAIは餃子への愛を確かめに、香港にきたよ!」と4人が香港で餃子を注文する音声が流れた後、餃子への愛を歌った曲「ほれちゃった」へ。先程までの熱気から一転、会場は一気にゆったりとしたChillな空気へ。そのまま「LOVE LOVE is all we want」と、素敵な歌詞が印象的な「Feel the BEAT」を披露。ライブ中は写真も動画もOKだったのだが、観客は、撮影することを忘れてしまうほど、CHAIが今まさに奏でている音楽を楽しんでいる様子だった。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE