山崎洋一郎が語る、ROCK IN JAPAN FESTIVALから考えるフェスのメディア機能

RIJFでは第1回からブッキングを担当する音楽評論家・山崎洋一郎(Photo by Takanori Kuroda)



フェスのすべてを体感して変革した、ジャーナリズムの意識

─ここ最近、CoachellaやPrimaveraのような海外フェスでは、女性アーティストの数を意識的に増やすなど男女同権の思想をラインナップにも反映させています。このあたりの動きについてどう思いますか?

山崎:そういう意識を持つこともすごく大事ですし、そういう意識を前面に出さなくても、素晴らしいアーティストをブッキングしていったら、「あ、同じ比率になったね」となるのが一番素晴らしい形なのかなとも思います。ただ、僕はCoachellaにしろPrimaveraにしろ、どちらかというと後者だったのではないかなと思いますね。

今のポップシーンの中から素晴らしいアーティストをピックアップしていったら、以前よりもずっと女性アーティストが増えた、と。以前は男性アーティストばかりだったけど、今は全くそんなことないよね、という結果と、「差別意識をなくしていこう」という意識が、うまくリンクしていい流れになったということだと僕は思っています。

なので、もし日本がまだまだ遅れていて、女性アーティストの活躍が制限されているような状況なのだとしたら、もっと意識的にラインナップを組まないといけないと思うし、自然な結果として平等になればいいなという気持ちの両方があります。でも、日本も以前より女性アーティストが増えてきていると思いませんか? おそらく15年前の比率とは全く違っていると思いますよ。

─そう思います。ではこの19年間で、「RIJFとともに成長し、羽ばたいていったバンド」といって思い浮かぶのは?

山崎:うーん、それはちょっとおこがましくて言えないですね(笑)。ロック雑誌をやってきて、一生懸命取材してインタビューして、一生懸命原稿を書きますけど、でもやっぱりどこか、できてきた作品をデスクに踏ん反り返って聴いているような仕事なわけですよ、我々のしていることは。

でも、その音楽が生まれてくる背景には、アーティストたちが毎晩汗だくでライブをしたり、それをスタッフたちが、全力でサポートするために昼夜働いたり……という日々があるわけじゃないですか。そのことに対する想像力というのは、フェスをやる前と後とでは全然違ったんですよね。

フェスのスタッフとして、アーティストの舞台裏をこの目で目撃する。それこそアーティストがどれだけ念入りにリハーサルをしているのか、どれだけ慎重に体調管理を行なっているのか、機材トラブルが起きた時、スタッフがどれだけ必死になって対処しているのかを目の当たりにして、「音楽を作るというのは、こういうことすべてなのだな」と初めて体感としてわかったんですよね。

─なるほど。

山崎:なので、年に数日間フェスを開催しているくらいの立場で、「RIJFとともに成長したアーティスト」なんてとてもじゃないけど言えないです。ただ、それを経験したおかげで雑誌編集をするときの気合というか、たとえば、「このアルバムを評する時に、この表現が果たして正しいのかどうか?」ということをチェックする基準は、前よりも断然厳しくなりました(笑)。冒頭の話に戻ると、「フェスなんかやったら雑誌がヌルくなるんじゃないの?」なんていって言っていた人たちに今の自分たちの姿を見せたいですね(笑)。

山崎が特に印象に残っていると語る、これまでのステージとドラマ

─では最後に、これまでで特に印象に残ったステージを教えてください。

山崎:ELLEGARDENが2008年5月に活動休止を発表して、9月に休止するのですが、その年に出演した彼らのステージ(最終日GRASS STAGE)を見たときのことはよく覚えています。彼らがまだそれほど大きな存在になる前から知っていたし、出てもらっていたし。そんな彼らがあそこまで大きくなって、でも突然の活動休止発表があって……という、短い期間だったけど激しいドラマのラストシーンという感じで。観ていてとても印象深かったですね。



2008年の活動休止直前に出演したELLEGARDEN


─それは非常に感慨深いですよね。

山崎:それから、UVERworldのことも忘れ難い。僕は彼らの真価になかなか気づくことができなくて、デビューから10年くらい経ってようやくライブを観て「これは本当にすごいバンドだ」と衝撃を受けたんです。当時はもう、すでにドームでワンマンを成功させるくらいの存在でした。その時に彼らのインタビューを行なったのですが、「実は僕らはRIJFに出たかった。だけど山崎さんに断られて、それでここまできた」という話をしてくれて。

ジャーナリストとしても、フェス運営者としても自分は失格だった、本当に悪かったと思いました。その数年後にRIJFに出てもらい、GTASS STAGEで満員のお客さんが見守る中、初ステージを迎えた瞬間も鮮明に覚えています。



GRASS STAGEを白熱させるUVERworld


Edited by Aiko Iijima


<INFORMATION>

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019
日程:2019年8月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日・祝)、12日(月・振休)
時間:開場 8:00 開演 10:30
終演 19:30(各日とも予定)
※雨天決行(荒天の場合は中止)
会場:国営ひたち海浜公園
http://rijfes.jp







タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE