T-BOLAN23年ぶりの全国ツアーファイナルレポート 4人の絆と終わらない旅

23年ぶりの全国ツアーファイナル公演を行なったT-BOLAN(Photo ©T-BOLAN)



ライブは後半へ。「奇跡の男の登場!」と森友が呼び込むと、正式メンバーのベーシスト・上野がステージ上がった。2015年に、くも膜下出血で倒れて約3カ月もの間意識を失って生死をさまよったという上野。リハビリを経てライブ復帰した文字通り奇跡の男に、会場からはこの日一番の大きな拍手が沸き起こる。そんなムードから始まった「Happiness」は会場中が多幸感に包まれた。「SHAKE IT」「傷だらけを抱きしめて」と、クライマックスには森友、五味がステージサイドまで足を延ばして客席を煽る。「踊ろうぜ!」と呼びかけてから始まったストレートなロックチューン「My Life is My Way」では、五味のギターから人時のベース、上野のベースへそれぞれ掛け合いをしてソロを聴かせると、青木のドラムソロへとバトンが渡り、最後は再びヴォーカルに戻り締めくくられた。









アンコールでは、昨年リリースしたDVDシングル「Re:I」を披露。バックの映像には、石ノ森章太郎の作品「サイボーグ009」とコラボしたMVが流された。ツアーファイナルに集まってくれた観客への感謝を述べると、ラストに歌われたのは大ヒット曲「離したくはない」。客席では、ペンライトが左右に振られて、後半は会場一体となる大合唱となった。メンバー紹介から、森友がスマホを片手に客席を動画撮影するなど、エンディングらしい流れからステージを去ろうとする4人だったが、観客からはアンコールの声が止まず。「じゃあ、やろうか」と、再始動の際に4人が再会して一番最初にやった曲だという「いじけた視線を君に語るより 光をみたい」を五味のギターに合わせて森友が歌い、ライブは終了となった。終盤で「この旅は、ずっとずっと続けて行きたいと思ってる」と語った森友。9月からは、アコースティックライブを開催する予定であることも告知された。まだまだ、4人の旅は続きそうだ。



セットリスト
1. Only Lonely Crazy Heart
2. Bye For Now
3. じれったい愛
4. 悪魔の魅力
5. LOVE
6. わがままに抱き合えたなら
7. 京恋唄
8. Hold On My Beat
9. マリア ~Acoustic version~
10. あこがれていた大人になりたくて
11. 愛のために 愛の中で
12. Happiness
13. 刹那さを消せやしない
14. SHAKE IT
15. 傷だらけを抱きしめて
16. My Life is My Way
EN1. Re:I
EN2. 離したくはない
Wアンコール
いじけた視線を君に語るより 光をみたい



〈イベント情報〉

T-BOLAN LIVE HEAVEN 2019 夏の終わりに「Love Songs」
〜Acoustic Live Tour〜

2019年9月5日(木)広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
2019年9月6日(金)大阪 Zepp Namba
2019年9月16日(月・祝)東京 Zepp DiverCity

チケット
全席指定 10000円(税込)
※全会場シーティング・全席指定
※未就学児入場不可
※入場時ドリンク代 別途必要

チケット発売スケジュール等の詳細は、決まり次第オフィシャルホームページ他でお伝えします。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE