のん渋谷WWW X公演レポート「やまないピーポー! 皆のリベンジにも幸あれ!」

渋谷WWW Xにてワンマンライブを行なったのん(Photo by 南賢太郎)

女優・創作あーちすと のんが、2019年6月16日、東京・渋谷WWW Xにて1stミニアルバム『ベビーフェイス』リリース記念ワンマンライブ「”ベビーフェイス"ライブ!」を開催した。一般チケットが即日完売したプレミアムライブの様子を独自レポートでお届けする。

『ベビーフェイス』には、元GO!GO!7188のフロントマン、ノマアキコとユウの2人による提供曲2曲と、のん自身の作詞作曲4曲(内、1曲はボーナストラック)が収録。今回のワンマンライブは、昨年末の「横浜赤レンガ 毎日がクリスマス」以来のワンマンとなり、チケット一般発売は即日完売と注目度の高さを見せた。

開演前のBGMには、のんの青春時代のヒーローでもあるGO!GO!7188の楽曲が会場に流れていた。定刻の17時半になると会場が暗転し、注意事項の説明と練習やレコーディングのオフショット映像が流れ、ステージの白幕が一気に外れ落ち、のんとバンドメンバーが登場。ステージ上部には雪の結晶のようなセットが設置されており、のん自身も銀色に煌めく衣装と銀のトゲがついたカチューシャを飾っていた。いつもの赤いテレキャスターではなく、サーフグリーンのストラトキャスターのギターを携えているのも印象的だった。



1曲目は今回のライブのタイトルでもある『ベビーフェイス』より「やまないガール」を披露。イントロから曲に合わせて拳を上に伸ばして会場を煽るのん。「ショージキに生き生きればいい」、「ショージキに歌歌えばいい」と伸び伸びと歌う姿に、会場も盛り上がりを見せた。「やまないガール、やまないボーイの皆! ベビーフェイスライブ一緒に楽しみましょう!」と観客を煽り、「モヤモヤ」、「憧れて」、「蒼い灼熱」、「涙の味、苦い味」と、ミニアルバムの収録順に曲を演奏。「憧れて」を歌い終えた後には、1曲目の「やまないガール」の意味や、デモ音源をもらった時に「これは私の曲だ!」と心に響いたエピソードを披露した。そして「やまないガール! やまないボーイ! やまないピーポー!」とコール&レスポンスをし、会場を盛り上げた。どの楽曲でも間奏になると客席の近くまで歩み寄って見せつけるようにギターをプレイし客席から歓声が上がり、どんどんテンションが上がっていくのん。



ミニアルバム収録の5曲を演奏し終えると、のんが中学時代に友人と組んでいたGO!GO!7188のコピーバンドのエピソードを披露。「そのバンドのラストライブで上手く演奏できなかった曲をここでリメイクしたいと思います」の一言と共に、GO!GO!7188の「雨上がり アスファルト 新しい靴で」をカバー。演奏しきると会場では大きな拍手と歓声が沸き起こった。ドラムの力強いビートに合わせて「リベンジ成功だー! やまないガール聴いてたかー! やまないボーイ聴いてたかー! やまないピーポー聴いてたかよー! 皆のリベンジにも幸あれ!」と、満面の笑みで語り、お馴染みの赤のテレキャスターに持ち替えた。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE