米移民問題、まるで映画のような腐敗した国境警備隊員の内幕

国境警備隊員マシュー・ボーエンの裁判は、国境警備隊の荒廃したカルチャーにスポットを当てることとなる Eric Gay/AP/Shutterstock

「グアテマラ野郎」、「TONK」、「非人ども」…米国境警備隊員によるショッキングなテキストメッセージの数々が、先日公開された。政府支給のピックアップトラックで、移民を故意的にはねたアリゾナ州の国境警備隊員の裁判で明らかになった、国境警備隊の堕落したカルチャーの内幕とは?

不法入国した23歳のグアテマラ人男性を政府支給のフォードF-150でひいた容疑がかかる米国境警備隊のマシュー・ボーエンは、事件の数日前、同僚へあるテキストメッセージを送っている。連邦検事は、メッセージの内容が「拘束する外国人に対する彼の認識」を露呈していると主張している。ボーエンは同僚とのやり取りの中で、同僚に向かって投石した不法移民を「無知で野蛮な殺人者」や「たき火の燃料にもならないむかつく非人」などと罵った。また、「トランプよ、お願いだから俺たちの本領を発揮させてくれ!」と米国大統領に対する嘆願のメッセージも見られる。

メッセージの送信から2週間後の2017年12月3日、ボーエンはアリゾナ州ノガレス周辺をパトロール中、米国側へ不法に侵入しようとする移民を発見した。連邦宣誓供述書によると、男性の名前はアントリン・ローランド・ロペス=アギラル。彼は不法入国後に身を隠していたが、「拘束されることを恐れて」ノガレスの入国ポイントへと走って戻ろうとしていたという。

ロペス=アギラルを発見したボーエンは、徒歩でなく、国境警備隊の間で「キロ・ユニット」と呼ばれる公用車で追跡した。宣誓供述書によると、ボーエンは運転する「トラックのフロントグリルをロペス=アギラルの真後ろに近づけた」というが、その様子は車載カメラの映像にも記録されている。襲いかかるF-150に対しロペス=アギラルは「迫る車のボンネットから逃れようと背を向けた」が、ボーエンは「ロペス=アギラルの背中へ向けてキロ・ユニットを加速させ、彼を地面に押し倒した」という。ボーエンの運転するフォードは「地面に横たわるロペス=アギラルをひく寸前で」急停止した。

現在39歳のボーエンは2018年5月、2件の容疑で起訴された。1件目は人権に対する違法行為で、検察によるとボーエンは「逃走する脅威でない人間に対して殺傷する可能性の高い方法」を選択した、としている。2件目は「自分の犯罪を隠蔽しようとした」司法妨害の容疑だった。ボーエンはいずれの容疑に対しても無罪を主張している。(裁判資料によると、ロペス=アギラルは擦り傷を負ったものの、深刻な状況ではない。また合衆国への不法入国の軽犯罪に問われ、懲役30日の刑を受けたという。)

ボーエンの公判は2019年8月に始まる予定だが、彼の裁判のおかげで、米国境警備隊の荒廃したカルチャーに既に注目が集まっている。米国境警備隊は税関・国境警備局の法執行機関のひとつで、国境へ押し寄せる移民に対応している。また、未成年者に対する身体的・性的虐待や、移民を“犬の檻”レベルの劣悪なシェルターに収容したりと、あらゆる悪事が横行している疑惑もかけられている。

Translated by Smokva Tokyo

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE