MOROHAインタビュー「矛盾こそが真骨頂、2つの真実を100%の気持ちで歌える強さ」

MOROHA

MOROHAが2019年5月29日、2年半ぶりのアルバム『MOROHA Ⅳ』をユニバーサルミュージックより発売する。アコースティック・ギターのUKと、MCのアフロからなる2人組が放つ渾身の10曲。7月13日には日比谷公園野外大音楽堂で自身最大規模のワンマンライブ『単独』を行い、全国29公演を単独でまわるワンマンツアーも行う。絶好調ともいえるバンドの状態について、2人の関係性について、どのようなスタンスで音楽活動をしているのかなど1時間に渡り話を聞いた。

ー今回、初めてMOROHAにインタビューさせていただくんですけど、実はUKさんと一緒に18禁のタブ譜『GRAY ZONE』を作らせてもらったり、以前僕が勤めていたOTOTOYで2人の取材をこっそり見学していたり、2011年頃にMOROHAがやっていた自主企画イベント「40分」に何回か遊びに行ったりと、さりげなく接点はいろいろあるんですよ。

アフロ:そうなんですね! 「40分」は、誰がゲストのときに来ましたか?

ーSuiseiNoboAzが出ていたときです。

アフロ:ボアズが出たときって、他に誰が出ていたっけ。

ーHAIRO DE ROSSIとthe morningsだったと思います。それ以外にも、KEN THE 390さんが出ている回にも行きました。

アフロ:なるほどなるほど! あの企画は、ちょっと早すぎたっすね。

UK:5年早かったよね。

ーあと、僕も長野県出身なんですよ。

アフロ:どこですか?

ー篠ノ井です。

アフロ:へー! じゃあわりとご近所さんなんですね。

ーそうなんですよ。あと、アフロさんは野球もやってらっしゃったじゃないですか? 僕も小中高とやっていたんですけど、勝手に強豪校のエリートだと思っていて。そしたらアフロさんのエッセイ『俺のがヤバイ』(飛鳥新社)を読んで、びっくりしたんですよね。

アフロ:オヤオヤ。ド補欠だってことが発覚して。

ー(笑)。エッセイを読むと、僕の思っていたアフロさん像と全然違うアフロさんが描かれていて。基本的に負け犬魂みたいなものが根底にあって、物事を否定から見て入るっていうことをおっしゃっていましたけど、さすがにその感情は今薄れてきているんじゃないかなと思って。

アフロ:相変わらず否定から入っているんですけど、その矛先が自分に向いてきているんですよね。アフロさん像って仰ったじゃないですか? そういうものは自覚していて、そこに対して「お前自身が、そうしないといけないと思っていないか?」という否定から入るようにしていて。俺という人間はストイックな部分だけじゃないんだぞって。MOROHAで自分を表現するときは、どうしてもストイックな歌詞が出てきたり、そういう空気感のライヴになるんですけど、そうやって無理をしているアーティストをたくさん見てきたので、俺はそうはなりたくないと思っていて。だから、ラジオだったり、自分のエッセイだったりで、本当の自分を少しずつ出していっているところなんです。ゆくゆくは、MOROHAでもそういう曲を出せるような屈強な人間になりたいなと思っていますね。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE