石川さゆりが語る、若者や世界に伝えたい日本の音楽「民謡はロックと対峙しても揺るがない」

日本古来から歌い継がれてきた民謡を収録したアルバム『民~Tami~』をリリースした石川さゆり

国民的な演手・石川さゆりーー。このほど日本古来から歌い継がれてきた民謡を収録したアルバム『民~Tami~』をリリースした。布袋寅泰、矢野顕子等、豪華ゲストが参加した本作は、若い世代、日本を訪れた外国人へ向けて作ったと言う。石川本人が、ローリングストーン誌に本作の思いを語ってくれた。

石川が民謡集をリリースしてもそれほどの驚きはないが、17曲の民謡を歌ったアルバム『民~Tami~』には、布袋寅泰、矢野顕子らが参加しているという斬新な作品にもかかわらず、オーセンティックな民謡としての機能はしっかり果たしていて、聴く者をドキドキさせてくれる。ここ数年、ジャンルレスなコラボや企画を次々に繰り出している石川さゆりの表現者としての核心に迫った。

—日本を代表する民謡がセレクトされていますが、選曲の段階から携わったのでしょうか?

はい。選曲にとどまらず、スタッフと関わってくださったミュージシャンのみなさんと一緒に全部作り上げました。

—日本には有名無名、沢山の民謡がありますが、選曲の基準は?

たしかに民謡って数限りなくあって、その中から「どうしようか」って言いながら、プロデューサーの亀田(誠治)さんやスタッフさんと選びました。選曲の基準は、みんながまったく知らないのもつまらないので、みんなが知っている曲を中心に、あとは音楽的なバランスなど、いろいろ考慮しました。

—そして、曲ごとにアレンジャーも違い、アレンジの幅も多種多様ですね。すごくファンキーな曲もあれば、おごそかな曲もある。そのアレンジもご自身で行ったのですか?

作りたい曲のイメージをお伝えし、アレンジャーの方と一緒に作り上げていきましたね。

—更に、ゲストミュージシャンを迎えている曲もあります。中でも「ソーラン節」の布袋さんとのコラボレーションは凄い仕上がりですね。

『民~Tami~』に参加してくださったミュージシャンは、知っていた方達ばっかりなんですけど、布袋さんだけは、元々は亀田さんの紹介でなんです。なので、去年紅白ご一緒していただきましたが、正直あまり存じてなくて…。

—でも、布袋さんがやっていたバンド・BOØWYはご存知だったのでは?

本当に申し訳ないんですが…今おっしゃっていた布袋さんの以前のバンドが活躍なさっていた頃って、自分も一番忙しく、余裕がない時でーー。30年くらい前?もうちょっと前かしら?

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE