カート・コバーン、 フォトグラファーがフィルムに収めたその素顔

Kevin Mazur Courtesy of Rock Paper Photo


サンプル
Kevin Mazur Courtesy of Rock Paper Photo

それから1年後の1993年10月、Mazurはローリングストーン誌の依頼を受け、ニルヴァーナの『イン・ユーテロ』ツアーの2公演に同行している。この写真はシカゴのAragon Ballroom公演でのサウンドチェック中に撮影されたものだ。「この仕事の依頼をもらった時は興奮したね」Mazurはそう話す。「こういうカジュアルな写真を撮りたくて、予定よりも早く会場入りしたんだ。カートはくたびれたプロケッズのスニーカーを履いてる。彼らは服装やメイクなんかをまったく気にかけなくて、すごく好感が持てた。ロックンローラーはやっぱりこうでなきゃと思うね」

サンプル
Kevin Mazur Courtesy of Rock Paper Photo

Mazurはシカゴでのライブに衝撃を受けたという。「カートは客席にダイブして、セキュリティは彼を捕まえようと必死になってた」彼はそう語る。「オーディエンスに流されていく彼は、まるで宙に浮いているかのようだった」

その翌日、彼は写真を早速現像に出した。カートがチェックしているのは、前日のライヴ写真のスライドだ。「彼自身もライブの出来に満足してる様子だった。オーディエンスの熱狂が会場に最高のヴァイヴを生んでたって言ってたよ」Mazurはそう話す。「スライドの写真をひとつ残らずチェックした後、彼がこう言ってくれたんだ。『全部いいね。使えない写真が一枚もない』あれ以上に嬉しい褒め言葉はなかったね」

サンプル
Kevin Mazur Courtesy of Rock Paper Photo

その翌日に行われた、ミルウォーキーのMECCA Auditoriumでのサウンドチェック中に撮影された一枚。とりわけ目につくのは汚れた靴下だ。「シカゴでの公演で客席からステージに連れ戻された時、彼は靴を履いてなかった」Mazurはそう話す。「モッシュした時に無くしたんだってさ。翌日になっても、彼は靴下で歩き回ってた」

Translated by Masaaki Yoshida

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE