踊Foot Worksメンバー全員で語る、ニューアルバム『GOKOH』全曲解説

踊Foot Works(Courtesy of 踊Foot Works)

元号も変わるし、来年はオリンピックもあるし、まさにいろいろなものが変化の真っ只中にある今の東京にバシッとハマるサウンドトラック。4月24日に配信リリースされる踊Foot Worksの2ndアルバム『GOKOH』はそういう作品だ。

時代性も普遍性も完全装備、ドープでクレイジー、でもポップだしちょっとシリアスでもある。そのおもしろさは聴けばわかるのだが、そうはいってもいろいろ気になるポイントもあるので、今回はメンバー全員にアルバム全曲についてトラック・バイ・トラックで語ってもらった。アルバムを聴きながらサブテキスト的に読んでほしい。

踊Foot Works - GOKOH MEGA MIX - Special Video




M.01「2019 IN EXCAVATE」
「今のゲームミュージックのオープニングというよりは、いつの時代かわからない感じにしたくて」(SunBalkan)

Tondenhey(Gt):これはSunBalkanのデモからだよね。

SunBalkan(Ba):音楽的にわけわかんないのをアルバムに入れたいなってずっと思ってて。ほかのみんなは、そういうのを出そうとしないんで、俺がやろうかなと。ほぼできた状態で送って、Tondenheyにギターを乗っけてもらって。ゲームのビット音とかも入れてくれたんですけど、それがアルバムのイメージに影響を与えたのかなと思います。

Pecori(Rap):ジャケットも、『E.T.』のゲームのジャケの完全サンプリングで。アタリ社っていうアメリカのゲーム会社が1作目で超ヒット作を生み出して、その次に『E.T.』のゲームを出したんです。それも間違いないだろうって言われてたけど超駄作のクソゲーで、めちゃくちゃ在庫が余ったからアメリカの砂漠に埋めたっていう都市伝説があって。で、2、3年前にほんとにあんの?って調べたらめっちゃ出てきたっていう。(そのゲームのパッケージの画像を見せる)。



―ほんとだ(笑)。

Tondenhey:この曲、声を全員で録ったんですけど、逆再生で録って表に戻したら普通に喋ってるように聞こえるんじゃないかと思って。

Pecori:なんて喋ったんだっけ。「〜だったのだ」ぐらいしか覚えてない。

SunBalkan:今のゲームミュージックのオープニングというよりは、いつの時代かわからない感じにしたくて、「時は20XX年、4人の男たちは惑星Xに飛び込んでしまった」みたいな文章を逆再生で言ってます。


M.02「JELLY FISH」
「あくまで俺らは東京からしたら異邦人」(Pecori)

Tondenhey:最初のイメージはLil Peepって感じでした。ブーン、ジャーンっていうのにしたかったんですけど、違いましたね(笑)。

―リリックに<幻想の都会で生きる生きるjourney>っていうラインがあって。「東京」っていうのはオドフットにとって結構大きなテーマだと思いました。

Pecori:それはアルバム全体を通して言えることかもしんないっすね。メンバー全員出身地はバラバラで、東京に来て8〜9年になるんですけど、東京人になりきれてないし、あくまで俺らは東京からしたら異邦人っていう感じも強くて。だから、「東京に染まれないし染まらない」っていう部分があります、と思います!

SunBalkan:確かにそうかもしれない。

Tondenhey:え、でも(多摩出身のTondenheyは)生粋の東京……。

Fanamo’(Chorus):だから多摩は生粋じゃないんだって。

Pecori:渋谷行くとき「東京行く」って言うでしょ? でも別に東京人になりたいってそこまで思わないし、「なりたい」って思う時点でなんかそこにすげえ塊があるじゃないですか。それすらどうでもいいって最近思い始めました。だからって、逆に「オドフットって田舎もんの集まりっぽいよね」とか言われると、それはそれで「はあ?」ってなりますけど。

Tondenhey:なんにでもキレる女子高生みたいだ(笑)。


M.03「髪と紺 feat. AAAMYYY」
「AAAMYYYちゃんも佳穂さんも、不思議な包容力のある歌声をしてる人」(Pecori)

―この曲にはAAAMYYYが参加していますが、今回彼女をフィーチャーしたのはどういう流れだったんですか?

SunBalkan:自然だったよね。前作では中村佳穂さんに歌ってもらったようなことを今回もやりたいねって。

Pecori:AAAMYYYちゃんは前から僕らの節目節目の場にいたし、全員ぱっと彼女が浮かんだんじゃないですかね。佳穂さんもそうっすけど、不思議な包容力のある歌声をしてる人。特にイヤフォンとかヘッドフォンで聴いたときに彼女に包まれるみたいな感じ。すごいと思います。

Fanamo’:なんか、Pecoriの内面にあるちょっと中性的な面が彼女とハマったのかなって思う。Pecoriって乙女心があるんすよ。

Pecori:それは人に言われないとわかんない部分かもしれないけど、あるのかな。

Fanamo’:<夕日はナポリタン>なんて、普通の野郎はなかなか書けない。

―AAAMYYYのアルバムもSFっぽい世界観だし、今作と通じる部分もありますよね。

Tondenhey:最初『GAIA』ってアルバムタイトルにしようって話をしてたんですよ。それも被りそうだった。AAAMYYYのアルバムに「GAIA」って曲があるんで、同時代なんだなって。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE