鈴木敏夫、スタジオジブリ新作について明かす「新作は三年後かな」

『鈴木敏夫とジブリ展』の記者発表会に登壇した夏木マリと鈴木敏夫(Photo by Rolling Stone Janpan)


夏木が「新しい映画とかどうなんですか?」と鈴木に尋ねると、宮崎駿の引退会見の模様を語り「もうやらなくていいんだと嬉しかったのに、結果として彼がもう一度やりたいということでね。口を滑らしてしまうと、3年かけて絵コンテっていうものは、完成をしました」と新作について言及。夏木が「今、絵コンテが完成すると、いつ頃私たちは観れるんですか?」と聞き返すと「あと三年後かな」と回答。夏木は、「3年後!!頑張って生きます」と笑いながら答え、トークショウは終了した。

本展示会は、スタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサーの「言葉」に注目したもの。高畑勲、宮崎駿両監督と出会って40年、「風の谷のナウシカ」「千と千尋の神隠し」、そして「風立ちぬ」「かぐや姫の物語」まで、ジブリはどこから始ま りどこへ向かうのか。鈴木敏夫氏の「原点」から「今」を、自身の書画やジブリ作品の資料を用いて紹介することで、スタジオジブリの秘密に迫るものだ。東京での開催地、神田明神ならではの新企画「湯婆婆と銭婆が人生&恋愛の悩みに物申す"開運・恋愛"おみくじ」も登場する。





『鈴木敏夫とジブリ展』

会 場:神田明神 文化交流館「EDOCCO」2F 神田明神ホール
会 期:2019年4月20日(土) ~ 5月12日(日) ※計23日間、会期中無休
時 間:10:00~18:00 (最終入場 17:30) ※営業時間は今後変更可能性あり。 
入場料: 大人 1,300 円、中高生 800 円、小学生 600 円
http://www.ghibli.jp/event/suzuki/
 

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE