野音ワンマン直前のクリトリック・リス、坂本慎太郎からの助言に対して「ボタンを押す人」オファー

坂本慎太郎と、4月20日日比谷野音でワンマンを開催するクリトリック・リス(Photo by RYUTARO SAITO)

―どのタイミングで2人の接点が生まれたんですか? 

スギム:ゆらゆら帝国がリキッドルームでやったライブのオープニングアクトに、オシリペンペンズが出た時があったんですよ。その時、(石井)モタコから中打ちに来ないですか? って誘ってもらって。初めて生の坂本さんに挨拶をさせてもらいました。

坂本:「UFOクラブでサイケやってます」って言ってきたのは覚えているよ。

スギム:僕が自分のことをサイケって笑)? それはまたかなり尖っていましたね……。覚えてない笑)。坂本さんの気を引こうと思って、若かりし頃の俺がそういう言い方をしたんでしょうね。ベロベロの状態で。

―まさかパンツ一丁でライブをしているとは想像できないですよね。

坂本:そのあとライブも何回か観ましたよ。UFOクラブとかで。



―印象っていかがでしたか?

坂本:意外とちゃんとしているっていうか。最初がブログの人っていう認識だったから。ブログが酷いでしょ?

―男の全裸写真がいっぱい出てきましたからね笑)

坂本:そっちが最初だったんだけど、ライブはオケとかちゃんとしているし、格好よくて。

スギム:それはないでしょ笑)。誰にも言われたことないですよ。オケがかっこいいっていう評価は誰からもされていないです笑)

坂本:なんかアシッド・ハウスみたいな感じ、あるじゃん。

スギム:TB-303に似た音を使った曲とかあります。

坂本:ね。よく言ったらアシッド・ハウスみたいな感じだったよね。

スギム:当時、玄人の人に認められたいためにそういうトラックを作っていたんですよ。



―たしかに、クラッシュの楽曲をサンプリングしてトラックにしていたり、割と音楽的な人なのかなって印象もありました。

坂本:ちゃんと考えられているというか、めちゃくちゃじゃなくて一応計算されているから、ちゃんとした人なんだろうなって思ったり。

スギム:ちゃんとした音楽を作りたかったんですけど、できなかったんですよね。僕の生まれた関西シーンは、音楽をやりたての人たちでもいきなり山本精一さんと対バンできるような環境だったんですよ。テクニックや音楽のスキルでは勝てないので、ハプニングを起こしたりする。でも山本さんもスカムの人なので、その上を超えてくる。そういうところで認めてもらいたいって気持ちでやっていたんです。

坂本:昔から大阪にはそういう歴史が面々とありますもんね。今もあるのかな?

スギム:今は全然ないです。ライブハウス自体にハプニングを起こしたりとか、音楽以外の何か、キャラクターとかで勝負するみたいな文化はもうないですね。

坂本:大阪のバンドと対バンすると、なんか普通にやっていたらダメな気がしてくるけどね笑)。みんななんかするでしょ? 突飛なこと。音楽だけやっていると、なんかダメな気がするというか。

スギム:そうですね。武器が音楽だけじゃなくて、別の何かでも戦えるシーンやったんです。オシリペンペンズとかは音楽的にも成立はしとったんですけど、音楽で勝てないなら何か爪痕を残していこうって。当時はそっちの人間も多かったですね。

坂本:それはもう今の大阪に受け継がれていない?

スギム:それをやるとTwitterで炎上しちゃうんですよね。裸になったりゲロ吐いたり、小便をしたりっていうのが、その場にいない人から批判が来る。全裸自体、ライブハウスでは普通にあったのに、ライブハウスに警察が来たりするんですよ。Twitterで流れたりすると。だからライブハウスでほとんどハプニングは起こらなくなっちゃいましたね。

坂本:でも平和なのもあったじゃない? ご飯を炊いたりとか。

スギム:ありましたね(笑)。

坂本:鍋をしたり。

スギム:掃除するだけのライブとか。そういうのはインスタ映えしないと思うんですよ(笑)。

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE