プリンス、未発売音源収録のミックステープが「平成最後の洋楽カセット」としてリリース

1995年撮影のプリンス(Photo by Paul Bergen / Redferns)

プリンスが1995年以降に発表し、廃盤後は入手困難となっていた作品をCD/アナログ・レコード等のフィジカルで発売していくカタログ・リリース・プロジェクト「LOVE 4EVER」。その第3弾として発売される幻のカセット『ザ・ヴェルサーチ・エクスペリエンス』国内盤の予約が本日4月15日よりスタート。国内盤はホワイト・カラー・カセット仕様で、スリーヴ/日本語解説付で今週4月17日(水)に発売となる。

『ザ・ヴェルサーチ・エクスペリエンス』は、1995年夏にパリのファッション・ウィークで開催されたイタリアのラグジュアリーブランド「ヴェルサーチ」(現:ヴェルサーチェ)のショウにて来場者に無料で配布された幻のカセットで、当時500本のみ生産された貴重な作品。ヴェルサーチのクリエイティブ・ディレクターであるドナテラ・ヴェルサーチはプリンスと大親友で、プリンスは彼女のショウのために当時まだリリース前のアルバム『ザ・ゴールド・エクスペリエンス』に収録の「ゴールド」や「アイ・ヘイト・U」、「P.コントロール」のリミックス・バージョンほか、プリンスのジャズ・フュージョン・プロジェクト「マッドハウス」やニュー・パワー・ジェネレーションの未発売音源を収録した(今日でいう)ミックステープを来場者分用意した。

プリンスの死後、ドナテラはプリンスについて「彼との思い出を振り返ると涙が止まらない。彼はクリエイティブで、熱烈で、大胆不敵で、非凡だった。その姿はまさにヴェルサーチというブランドが賛同する姿そのものだった。自分を信じ、自分の魂を敬い、決して個性を他の人に奪われないことは今の若い世代も見習うべき」と語っており、今回の幻のカセット復刻も約24年という年月を経て実現。当時プリンスが選んだ“カセット”という形態でリリースする運びとなった。発売元のソニー・ミュージックから洋楽の国内盤カセットが発売されるのは25年ぶりで2000年代では初、“平成最後の洋楽カセット”として今週発売を迎える。

今週末4月21日はプリンスが他界してから3年目の命日で、タワーレコード渋谷店では今月26日に発売となる『レイヴ完全盤』収録のライブ映像の一部先行上映やトーク・イベントも開催予定。同店舗では本日から今週末の命日まで献花台も特別設置される。

※関連記事:プリンスのワイルド伝説12選




『ザ・ヴェルサーチ・エクスペリエンス』
 
(原題「The VERSACE Experience Prelude 2 Gold」)
2019年4月17日発売(国内盤)
※完全生産限定盤
※国内盤のみホワイト・カラー・カセット仕様/スリーヴ付/日本語解説付
予約:https://sonymusicjapan.lnk.to/VERSACEExperience

『レイヴ完全盤』
【2CD+LIVE DVD】《ライヴ映像付3枚組》
2019年4月26日発売
※初回限定盤のみ紙ジャケット仕様
※Blu-spec CD2 ※世界同時発売予定 ※初回生産限定盤のみ紙ジャケット仕様 
※歌詞・対訳・解説・対談付 

『レイヴ・アン2・ザ・ジョイ・ファンタスティック』
 【完全生産限定/アナログ盤】
2019年4月26日発売
※特殊パープル盤 
※輸入盤国内仕様 
※帯・歌詞対訳・解説付 
※2LP 
※プレイパス封入

『レイヴ・イン2・ザ・ジョイ・ファンタスティック』
【完全生産限定/アナログ盤】
2019年4月26日発売
※特殊パープル盤 
※輸入盤国内仕様 
※帯・歌詞対訳・解説付 
※2LP 
※プレイパス封入

オフィシャルサイト:
http://www.sonymusic.co.jp/artist/PRINCE/

プリンス特設サイト:
http://www.110107.com/prince

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事