ビリー・アイリッシュが語る10代の真実「若い子たちにとって私の曲はハグなの」

ビリー・アイリッシュ。カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅で撮影。(Photo by Jessica Lehrman for Rolling Stone)

2019年2月20日、17歳のビリー・アイリッシュはロサンゼルスのローラースケート場で過ごした。そしてその翌日には「どこにでもありそうなホテル」を舞台としたニューシングル「Bury a Friend」のミュージック・ビデオ撮影に本腰を入れて取りかかった。

「オシッコと馬の臭いがした」とアイリッシュはホテルについて振り返った。「でもね、本当にサイコーの場所を見つけたって感じ」。少し前まではブルーだった髪をグレーに染めたアイリッシュは、自分の生家と呼ぶバンガローの裏庭に座っている。アイリッシュの新曲は<ベッドの下に潜むモンスターの視点>から描かれている。「なんでもモンスターになれるんだよね。相手が好きすぎて自分の人生を見失うことだってそう。愛とか恐怖とか憎しみって全部同じものだと思うんだ」

インタビューの途中でもアイリッシュはこんな人生観をさらりと言ってのける。聴く人を心地よい眠りへと誘う甘い歌声、キャッチーなアコースティックのメロディ、エレクトロニカルなビート……これらの奥底には、ダークな想像力で膨らんだ彼女の脳みそがある。アイリッシュの両目から真っ黒な涙が流れたり、口からクモが這い出てきたりするミュージック・ビデオがそれを裏付けている。実際、アイリッシュのビデオは1億回もの閲覧回数を誇る。

新曲「Bury a Friend」についてアイリッシュはこんなことを言った。「自分が裸になってる姿を想像したの。誘拐されたみたいに、自分ではコントロールが効かなくなった、無力な身体のイメージね。誰かが腕とか首に注射器を刺す。針がものすごく怖い人ってけっこう多いじゃない? 私はね、最近は人間の恐怖に注目してるんだ」



撮影は長期戦で、怪我をしてもおかしくないくらい肉体的にもキツいものだった。「たくさんの人の手が私をつかんだり、投げ飛ばしたり、窒息させようとしたりした。髪も引っ張られた。何十テイクも撮影して、その度に頭痛がした。誰かの指が目に入ってそのせいで見えなくなったこともあったし、ピアスが毎回外れるから糊で耳に貼り付けないといけなかった。でも最高だった。もみくちゃにされたり、傷つけられたり、振り回されたりするのは楽しかった。理由はよくわからないけど、気持ちよかったな

キッチンからアイリッシュの父が水の入ったグラスを持ってきてくれる。人懐っこい飼い犬のペッパー——アメリカンピットブルテリアの雑種——が数フィート先の芝生の上でフンをする。アイリッシュはその姿を指差して爆笑する。「犬のアレって最悪!」と肩をすくめながら自分のマゾヒズムを分析しながら「なんか変なクソだなー」と言う。

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事