古着のオンラインショッピング、失敗しないための攻略法

Silvia Olsen/REX/Shutterstock


最近では、ASOSのような人気のオンラインショップもヴィンテージ戦線に参入している。ASOSマーケットプレイスには男女問わず、選りすぐりのヴィンテージTシャツやデニム、ジャケット、アクセサリーをいくつも取り扱っているし、Urban Outfittersでもオンライン限定で、ヴィンテージや一点ものを販売している。これまで見かけたものには、クリスチャン・ディオールのヴィンテージのタキシードや、90年代のPoloのシャツ、絞り染めやカモフラージュのプリントなど。オンラインショップサイトFarfetchでも、かなりの量のヴィンテージ商品を取りそろえている。シャネル、フェンディ、グッチ、ルイ・ヴィトン、なんでもござれ。スニーカーマニアに愛されているのがStockXだ。ここは「入札落札形式のマーケットプレイス」で、売り手と買い手がエアジョーダン・レトロやストリートウェアなどを売買している。こうしたサイトで買い物することのメリットは、多くのサイトが毎週プロモーションコードを発行したり、ディスカウントセールをやっていること。ヴィンテージアイテムにも適用されるので、新品と一緒に購入可能だ。

最後の手段は「Instagramね。自分の服選びにすごく重宝してるわ。急なビデオ撮影で予算が2ドルしかないときに、手持ちのもので代用しているの」とターナー氏。

プルーズ氏も同じ意見だ。「私はEtsyとeBayで、ヴィンテージのグラフィックとかバンドのTシャツを探すのが好きよ。(でも)Instagramもいいものが見つかるわ。とくにニッチなものを探してるときはね」

・どこを見るべきか?

人によっては、ヴィンテージTシャツに目がない人もいれば、入手困難な特別なアイテムにこだわる人もいる。ケイシー・マスグレイヴスのスタイリストを務めるエリカ・クラウド氏のお目当てはいつも、いい感じに着古されたレザーやスウェードのジャケットと、ヴィンテージのリーヴァイス、「あとはきれいな古い羽織や着物。一番のお気に入りは修理工のつなぎ」

クラウド氏いわく、マスグレイヴスは「私と同じで、どんなヴィンテージも大好き」だと言う。マスヴレイヴスがネルソンと共演する際には、ヴィンテージのウィリー・ネルソンのTシャツを見つけてきた。彼女はまた、女優ビジー・フィリップスのTV番組『Busy Tonight』でもスタイリングを手がけているが、フィリップスはヴィンテージに今どきのデザイナーの服を合わせるのが好きだという。「(ヴィンテージものが)個性や自分らしさを演出してくれる」とクラウド氏。「それでいてクラシックなの」

どこを見るべきか。コレクターでないのなら、普段使いできるものがいいだろう。縫い目がちゃんとしていて、お直しされていないもの。仕立てがよければ、評判のいいデザイナーの服ならとくに、何年でも着られるはずだ。「ヴィンテージを見極める一番いい方法は、服やカッティング、生地感のクオリティを見ること」とプルーズ氏は言う。「大金をはたいて買ったデザイナーの服は別として、ヴィンテージを着たときの高級感は、ほかでは味わえないわ」

もうひとつのチェックポイントは、目で見てわかるシミや、洗濯で落ちない変色がないかどうか。非常にしなやかで、いい具合にくたびれているヴィンテージのグレイトフル・デッドのTシャツも、脇汗や食べこぼしのシミがついていたら、着ていくのには勇気がいるだろう(将来転売しようと思ったときに、なかなか売れないのは言わずもがな)。

本物とバッタものの見分け方

すべてのヴィンテージが同じように作られているわけではない――すべてのヴィンテージが「本物のヴィンテージ」だとも限らない。偽物と本物を見分ける一番の方法は、「タグを見ること」とクラウド氏。「ほとんどのヴィンテージTシャツや服のメーカーは、今ではもうほとんど存在していないの」

お探しのものがデザイナーもののヴィンテージなら、代わりに商品を鑑定してくれるサイトもある。プレーズ氏のおすすめはEntrupyというアプリ。欲しい商品をスクリーンショットすると、AIのアルゴリズムが画像を分析し、真偽のほどを判断してくれる。あるいは、ヴィンテージの専門業者やショップに持って行って鑑定してもらう。「ちゃんとしたヴィンテージデザイナーの取り扱い業者なら、本物かどうか鑑定してくれるはずよ」

Translated by Akiko Kato

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE