口パクでレコード会社と6桁の額の契約を結ぶ12歳、何者?

ローリングストーン誌のニューヨーク・オフィスを訪れるセス・ヴァンゲルドレンとマネージャーのTcal(Cleon Vaughn)


プロのミュージシャンのファン獲得の拠点となるカラオケタイプのSNSアプリの台頭は、レコードレーベルが新しい音楽のプロモーションのために12歳のSNSのスターにラブコールを送るというようなことと同様に、完全に現代の、CDの後の時代の現象である。デジタルの時代においては、作ることが簡単になりすぎた新しい音楽が絶えずストリーミングサービスにあふれ、リスナーには負担がかかり業界は新人アーティストをトップに押し上げるために別の道を模索しなければならなくなった。それがアーティス自身のものであっても人を魅了するブレイクダンスをするプレティーンのものであっても、音楽の中に人間性を見せることが最も確実な成功への近道の1つなのである。だからこそ近年、音楽レーベルは従来のエンターテイメント業界の完全に外にいる人と協力することに力を入れているのだ。「レーベルの人たちと私が仕事しているアーティストについて話す時、私はインフルエンサーもマネージメントいていつも協力してやっている、と言っている」とワトソンは言う。

ヴァンゲルドレンの名声はこれまでに思いがけない結果ももたらした。ある日、彼が母親と地元のフロリダのデイトナビーチのアウトレットモールで買い物をしていたら、駐車場でティーンエイジャーの少女のグループに追い回された。「彼女たちは彼の名前を叫んで追いかけてきたの。『嫌な言い方はしたくないけど、ぞっとしたよ!』と彼は言っていたわ」とスレイターは語る。

彼は自身のことをインフルエンサーだと思っているのだろうか?Instagramのファッション・ブロガーたちやケイティ・ペリーの話題のバックパック少年(ちなみにこの少年もTrillerからスタートした)と同じぐらい有名になったと思っているのだろうか?ヴァンゲルドレンは再び肩をすくめた。「少しはそう思うかもしれない」と彼は自分のひざに目線を落として少し恥ずかしそうに答えた。でも彼は今後自分がプロのアーティストになることや必ずしも音楽業界の仕事をしていくことを望んでいるわけではないという。今のところ、彼はいつの日かNASAで働き宇宙に行くことを夢見ているのだ。「今も学校ではダンスを始める前から遊んでいる友達と遊んでいるよ。後は家にいることが多いし、あまり外出はしないよ」と彼は言った。









View this post on Instagram

money coming in


Translated by Takayuki Matsumoto

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE