ディカプリオとブラピがタランティーノの最新作で共演、予告編第一弾が公開

クエンティン・タランティーノ9作目となる最新作に出演するレオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピット

レオナルド・ディカプリオが西部劇の元スターを演じ、長年彼のスタントマンを務めてきた男性役をブラッド・ピットが演じる。クエンティン・タランティーノ9作目となる最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の、痛快予告編第一弾が公開された。

予告編は2人の男――ディカプリオ演じるリック・ダルトンと、ピット演じるクリフ・ブース――が、モノクロ西部劇の撮影セットで、インタビュー記者に向かってプロ根性をまくしたてるところから始まる。「俳優には、いろいろ危険なことが求められるんだ」とダルトン。「ここにいるクリフは、その重荷を肩代わりしてくれるのさ」 同意を求められたブースは大笑いし、「肩代わりだって? ああそうさ、そんなところだ」

場面は変わって、1969年のロサンゼルスのサンセット大通りへ。ダルトンとブースが映画界のキャリアをスタートさせた場所だ。俳優兼スタントマンのブルース・リー(マイク・モー)がパーティに現れ、招待客らにマーシャルアートの技を自慢する。「私の両手は、通称最終兵器と呼ばれている」と彼。「いま喧嘩すれば、貴様を間違って殺してしまうかもしれない。そうすれば私は刑務所行きだ」 そこへブースが反論。「喧嘩で相手を間違って殺しちまった奴は、誰だって刑務所行きさ。そういうのを“殺人”っていうんだよ」

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は7月26日公開。マーゴット・ロビーがチャールズ・マンソンの信奉者らに殺される女優シャロン・テート役を演じる。その他の出演者はアル・パチーノ、ブルース・ダーン、ティモシー・オリファント、ダコタ・ファニング、ダミアン・ルイス、エミール・ハーシュ、マイケル・マドセン、レナ・ダナム、カート・ラッセル、そして故ルーク・ペリーなど。

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事