三浦大知アリーナ公演で目撃した「ネクストレベルの向こう側」

「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2018-2019 ONE END」の模様(Courtesy of avex)

三浦大知が2月から3月にかけて全国ツアー「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2018-2019 ONE END」を開催した。この記事では2月16日に日本武道館で行われた東京公演2日目の模様をレポートする。

3都市5公演行われた今回のツアーは、2018年後半のホールツアー「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2018 ONE END」の追加公演にあたるアリーナ公演。ホールツアーと比べてセットリストは若干の変更に留まったが、ステージセットは大きく変わり、360度客席に囲まれたセンターステージに。ステージ中央には昇降する円盤、その周りに客席側を向いてパートごとに分かれて位置するバンド勢も、回るわ、せり上がるわ、とにかく可動域の広い変化するステージだった。アリーナならではのダイナミックな絵や演出が終始繰り広げられ、客席は飽きる瞬間もなく釘付けとなった。


Courtesy of avex

“DMバンド”が奏でる荘厳なイントロに導かれて、三浦大知は黒いフードをかぶった状態でダンサーとともに静かに登場。暗闇にスポットが放たれて「Be Myself」を歌い出した瞬間、三浦の姿がステージ外周の仕切り紗幕に大映しになり、武道館はたちまち地鳴りのような大歓声に包まれた。冒頭からトップギアで歌い踊り、曲のクライマックスで紗幕が落とされると、さらなる歓声。

「『ONE END』ツアーへ皆さんようこそ!」と挨拶した三浦は、次の「Unlock」から率先してハンドクラップを煽り、パフォーマーのみならずアジテーターとしてもステージを牽引し始める。彼が円形ステージの上を歩き出せばその方向一帯から歓喜が沸き上がる様は、まごうことなきスター。その堂々たる存在感と、歌とダンスのクオリティに圧倒され、曲中の節々でも歓声が飛ぶのは、三浦大知のライブではおなじみの景色だ。優れたパフォーマンスやショーマンシップを称える、実直な姿勢のファンが彼にはついているとしみじみ思う。


Courtesy of avex


Courtesy of avex

序盤の約30分はアッパーチューン続き。怒涛の群舞を浴びて見入っていると、6曲目の「Perfect Day Off」や「FEVER」「Can You See Our Flag Wavin’ In The Sky?」といった中盤から観客も手拍子や横振りで共に楽しんでいくパートに移行した。そしてオーディエンスを座らせて、バラード「ふれあうだけで ~Always with you~」、ギター弾き語り「世界」でしっとりとしたムードに染める。

ダンス要素と生音(バンド)要素が違和感なく融合するバランスの良さ、CD通りでないアドリブから生まれる熱狂、三浦大知のエンタテイナーっぷり。既に彼のライブの魅力として知られたところではあるが、このどれもがライブの度に洗練されレベルアップしていることに目を見張る。歌ひとつとっても、ここ数年でぐんと安定感が増し、強弱やピッチを完璧にコントロールできるようになったことで、より表現豊かに進化しているように思う。この歌声やバンドの音圧、ダンサーとの生身のセッションは、やはり現場でしか味わえないので、もしまだ三浦のライブを見たことがないという人がいたらぜひ会場で打ちのめされてほしい。そして、その興奮がやみつきになり「また見たい」と再び足が向いてしまうはずだ。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事