HIROSHI(FIVE NEW OLD)が語るゲームライフ「孤独を愛そうっていう気持ちはゲームから教えられた」

FIVE NEW OLDのHIROSHI(Courtesy of TOY’S FACTORY)



ーありがとうございます。そしてまた話を戻すんですが、小学校を卒業して中高と思春期を過ごす中で、影響をもらったゲームはありますか。

HIROSHI:中学校くらいからスケボーをするようになったんですけど、それはゲームに影響されてて。トニー・ホーク監修の『プロスケーター』っていうシリーズがあるんですよ。ゲームとしては大層な内容ではないんですけど、プロスケーターをが監修したゲーム中のBGMがプレイリストになってるんですよ。AC/DCだったり、ゴールドフィンガーだったり、ヒップホップではNasがあったり。そのゲームをきっかけにたくさんの音楽を知ることができたんです。それによって自分もイケてるスケーターと同じ気分になって浸れていたし、カルチャーを自分に取り入れてくれたソフトとして非常に大きかったですね。

ー自分の知らないカルチャーも教えてもらえるのも、ゲームのいいところ。

HIROSHI:そうだと思いますね。特に海外のカルチャーをそんなに知らなかった中学生の頃は、洋ゲーの「ゲーム性だけではない部分」からいろんな楽しみをもらってました。で、音楽の楽しみ方も『プロスケーター』から変わったんですよ。マイク端子を差し込んで、そのゲームのプレイリストを聴いたりとか。ゲームでよかった音楽を抽出して聴くように変わりましたね。俺はプロスケーターだぜ!みたいな没入感ですよね、そこも(笑)。だから、日本の音楽っていうのは給食の時間の校内放送で流れるJ-POPくらいしか知らなかったんですよ。

ーじゃあ、自分から意識的に音楽を掘るようになったのは、『プロスケーター』以降だったんですか。

HIROSHI:小学校から中学校に変わる時くらいかな。『鬼武者2』の特典で、主題歌だった布袋寅泰さんの「RUSSIAN ROULETTE」のMVがついてたんですね。それを観て「ロックってカッコいい!」と思って自分から掘るようになりましたね。だから、結局音楽もゲームからなんです(笑)。それで布袋さんのCD買ったり、ワケもわからずいろいろ聴いてみたり、ラジオでニルヴァーナに衝撃を受けてみたりして。ゲームからいろんなことを教えてもらってきましたね。





ーゲームから教わってきた、今の自分が大事にしていることってなんだと思います?

HIROSHI:自分の抱いている世界観をちゃんと大事にしようっていうこと……ですかね。それは人とのコミュニケーションを遮断するってことではなくて、自分だけが知っているシェルターを持っていようっていうことを学んだんですよ。僕らが以前リリースした『For A Lonely Heart』もまさにそうなんですけど、孤独をちゃんと愛そうっていう気持ちはゲームから教えられてきたことなのかなって思いますね。で、孤独の中で自分の世界を大事にしてきたからこそ、こうして自分の言葉で話せているのかなって思いますし。



ー前作の『For A Lonely Heart』って、SHUNさんが正式加入したこともあってバンドサウンドの生身感が増した作品だったと思うんですね。で、歌の内容としても、孤独を抱えている自分を曝け出すところが増えた作品で。今回の『WHAT’S GONNA BE?』はその2点を推し進めた作品のように感じて。その辺は、ご自身ではどうですか。

HIROSHI:曲の説明をするよりも、こうして自分の影響を受けてきたものを語るほうが音楽観や人生観を理解してもらえるのかもしれないなって思うんですよ。それこそ今日話した内容でもありますけど、白か黒かをハッキリ決めるよりも、グレーなものをグレーなまま残して、そのグレーを大事に生きていけたらいいなって思い続けてるんです。それを歌にすることに引き続きトライしていると思いますし。

ー「Don’t Try To Be Perfect」はまさにそういう曲ですよね。

HIROSHI:ほんと、出ちゃってますよね(笑)。

ーということで、今日はHIROSHIさんのゲーム総論と言える部分を聞いたんですが、ここからまたいろんなところに旅に出られたらいいなと。今後も楽しみです。

HIROSHI:いやー、喋り足りないくらいです! ここからどう展開するのか、僕も楽しみですね。とりあえず、今日はここらでセーブということで!(笑)。


<リリース情報>


3rd EP『WHAT’S GONNA BE?』
FIVE NEW OLD
3月13日発売



FIVE NEW OLD ASIA TOUR 2019 #JAPAN
2019年5月18日 (土) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
open 17:00 / start 18:00
2019年5月23日 (木) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
open 18:30 / start 19:30
2019年5月25日 (土) 東京・マイナビBLITZ 赤坂
open 17:00 / start 18:00
https://fivenewold.com/

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE