星野源、33万人を動員した全会場即日完売の5大ドームツアー終了

33万人を動員した5大ドームツアーを大盛況の中終了した星野源

星野源が、2月2日の京セラドーム大阪を皮切りにスタートさせた自身初の5大ドームツアー「星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』」のファイナルを、3月10日、福岡ヤフオク! ドームで迎えた。

2018年12月19日に発売されたアルバム『POP VIRUS』は、オリコン週間アルバムランキング、Billboard Japan Hot Albumsにおいて2018年にリリースされた全ソロアーティストのアルバム作品の初週最高売り上げを記録。4週連続1位を獲得するなど、大ヒットを記録した。

同アルバムの大ヒットを受け開催された、日本人男性ソロアーティストとして史上5人目の快挙となる5大ドームツアーは全会場即日完売、全8公演で33万人を動員。

なお、2017年に開催されたアリーナツアー「星野源 Live Tour 2017 『Continues』」は10か所20公演で20万人を動員、今回の動員(全8公演33万人)は自身最大規模となる。

下記にオフィシャルライブレポートを掲載する。

■ライブレポート

開演とともに会場が暗転し、センターステージに星野源が登場、大きな歓声が巻き起こるなか、淡々とギターを弾き始め、1曲目は「歌を歌うときは」の弾き語りでスタート。そのままアルバムタイトル曲「Pop Virus」に続き、早くも会場はヒートアップする。

ところどころに感謝の気持ちのこもるMCをはさみつつ、途中、突然客中に登場するサプライズの演出や、セカンドステージでのセッションなど、ドームという大きさを感じさせない、様々なアイデアに富んだ演出で観客と“心の距離が近い”、まさに星野源にしかできないであろうライブを展開していく。

ライブ本編終盤では「化物」、そして「一緒に踊ってくれますか?」という言葉とともに大ヒット曲「恋」「SUN」を連続でパフォーマンス。

そして「この曲が、たくさんの人からとてもいい反応をしてくれたことで『POP VIRUS』というアルバムが作れた」という「アイデア」を披露、さらには多くのファンに愛されるダンスチューン「Week End」が続き、盛り上がりは最高潮に。

アンコールでは改めて「本当にいい景色、みんな来てくれてありがとう。」と福岡 ヤフオク! ドームはもちろん、各会場に来てくれたすべてのファンに向けての感謝の気持ちをMCで伝え、ラストの「Hello Song」をパフォーマンスし、3時間強におよぶライブが大盛況で終了。「また会いましょう!」と再会を誓い、自身初のドームツアーの幕を下ろした。



<ツアー情報>

星野源DOME TOUR 2019『POP VIRUS』(※終了)
2019年2月2日(土)京セラドーム大阪
2019年2月3日(日)京セラドーム大阪
2019年2月16日(土)ナゴヤドーム
2019年2月17日(日)ナゴヤドーム
2019年2月23日(土)札幌ドーム
2019年2月27日(水)東京ドーム
2019年2月28日(木)東京ドーム
2019年3月10日(日)福岡 ヤフオク!ドーム

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE