春畑道哉がギターで表現した「出会い、再会、別れ」を語る

春畑道哉(Courtesy of Sony Music Associated Records)

TUBEのギタリスト、春畑道哉がソロ10作目「Continue』を発表。ギターをキーワードに話を聞いた。

Jリーグオフィシャルテーマソング「J’S THEME(Jのテーマ)」、フジテレビ系野球中継テーマ曲「JAGUAR」などで、ギターインスト曲を日本に根付かせたといっても過言ではないTUBEの春畑道哉。その春畑がソロアルバム10作目『Continue』を3月6日にリリースした。“ギター”をキーワードにアルバムの内容のことなどを語ってもらった。

―前作『Play the Life』から2年ちょいのインターバルでのアルバムリリースですが、今作『Continue』もいろいろと発見のあるアルバムでした。春畑さんの中でアルバムを作る上で最も大事にしていることは何ですか?

曲とかメロディですね。ギターを弾きまくって満足するのも大好で、自分もそういう曲を何度も作っているんですが、スタジオを離れて聴くと「あれ?」ってなって結局録り直しちゃうんです。



―春畑さんは速弾きもできるしフュージョンギターのプレイも出来るので、テクニカル的には何でも出来るだけに、悩ましいですね。

本当は長時間アドリブで持たせる力量がないだけなのかもしれないです。実際、16小節も弾いたら展開したいって思っちゃうんですよね。でもそういうソロを弾きまくるライブやCDを聴くのは大好きです。

―そこはギターサウンドが好きだったら一度は通る道だとは思うのですが、ギターを弾かない人にもギターインストを聴いて欲しいですもんね。

そうなんですよ。だから、口ずさめるギターを常に意識しています。考えみたらクラプトン、ベック、ジミヘンも、皆がそのフレーズを口ずさめるんですよ。僕もそういう曲を作りたいなと思っています。

―とはいえ、ギターリフって既に星の数ほどあるわけですし、新しく皆が覚えられるリフをどうやって生み出しているんですか?

リフ作りは楽しいですよ。昨日もレコーディングしていたんですけど、「あれ? 何かのリフに寄っちゃったな」とかあったり(笑)。おっしゃる通り、ギターのリフって既に何万曲分もありますからね。でも、メロディに対して、その前を盛り上げるためだと考えるたりするとまた違うアイデアが出てきたりするんです。それから、チューニングを変えてみると新しいリフが出てきます。そういえば、最近、7弦、8弦ギターを弾く方も増えているみたいですが、今までにないリフを編み出したいとなると下の弦がどんどん増えていくんでしょうね。

―みなさん、あの手この手だと思いますが、春畑さんは、チューニングを変えているんですね。

それだけではないのですが、例えば、今作『Continue』に収録されている海外ドラマ「リーサル・ウェポン」シーズン2日本版エンディングテーマでもある「【Re:birth】」という曲はチューニングをドロップDにしています。6弦だけDにしたら、凶悪犯罪のドラマのテーマ曲になりましたね(笑)。

―こういうドラマのテーマ曲の場合、先方からテーマやお題をもらって曲を作るんですか?

この曲に関してはお題がありましたね。コンビの刑事の話なので、友情やスピード感、バディ感ということを言われました。僕は、お題がもらえるのは好きなんです。全く自由に作ってと言われると、どの方向にしたらいいのか逆に不安になっちゃうんです。先方に曲を渡してはみたものの、皆「ウーン……」って黙っちゃったりすると、どうしようって(笑)。

―春畑さんでもそういうことってあるんですか?

あります!あります! なので、自由に作っていい時は2パターン作るんです。どっちか決めてもらえるかなって。

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事