物議を醸している新作ドキュメンタリー、家族が語るマイケル・ジャクソンの真実

「私たちが家族としてマイケルをよく知り、愛しているのと同じように、マイケル・ジャクソンを敬愛する人々、彼を知る人々はあの内容は信じない。あれは金儲けのためだけに作られた。その程度のものだ」と、マーロン・ジャクソンが言う。マーロン(上記写真の左から2番目)、ジャッキー・ジャクソン(右から2番目)、ティト・ジャクソン(右端)、ティトの息子タージ(左端)(Chris Pizzello/Invision/AP/REX/Shutterstock)

物議を醸しているマイケル・ジャクソンの新作ドキュメンタリーが放送されるのを受けて、ジャクソン5のオリジナル・メンバーであるジャッキー、マーロン、ティト、そして甥のタージが性的虐待に異論を唱えた。「マイケルが生きていても彼らはこんなことをしたと思うかい? 絶対にしなかったはずだよ」と、ローリングストーン誌のロングインタビューに応じてくれた。

マイケルの兄たちは米現地時間2月26日に家族として初めて『Leaving Neverland』について話をしてくれた。この最新ドキュメンタリーではマイケル・ジャクソンを告発した人々に焦点が当てられている。

ジャクソンズが海外公演を行っている最中だった。このニュースが投げ込まれた手榴弾のように突然爆発した。偉大なポップアイコンであり、彼らの家族だった故マイケル・ジャクソンに関する最新ドキュメンタリーに、新たに性的虐待で彼を告訴した2人の少年が加わることが伝えられたのである。このニュースに対する長兄ジャッキーの反応は「ほら、まただ」という単純なものだった。

新ドキュメンタリー『Leaving Neverland(原題)』は新たな告訴を含む二部構成の4時間番組で、マイケルの兄たちはまだ見ていない。すでに成人になっているウェイド・ロブソンとジェイムズ・セーフチャックの少年時代が描かれたこのドキュメンタリーで、彼らは1980年代と1990年代にジャクソンのネバーランド・ランチでのお泊まり会で性的ないたずらをされたと主張している。ちなみにネバーランド・ランチはカリフォルニア州サンタバーバラ郊外にあった。

HBOで米国時間の日曜日と月曜日(3月3日と4日)に放送されるこのドキュメンタリーは、2009年に他界したジャクソンから子どもの頃に性的虐待を受けたと最初に告訴した2人の元少年の記憶から始まる。1993年の民事裁判は示談になり、犯罪捜査も中止された。また2005年の刑事裁判は無罪判決が出た。

ジャクソン家の人々はどの告訴も受け入れることを拒んでおり、『Leaving Neverland』の主役の元少年2人が告発した動機は金銭と名声に対する欲だと推測する。この元少年たちは、ジャクソンの財産から弁護士が算出した数億ドルにのぼる損害賠償を請求する裁判を起こしたが、死亡者を訴えることのできる時効を過ぎての訴えだったため、裁判所に却下された。現在2人とも上告中である。

ジャクソンの財産を管理する弁護士ジョナサン・P・スタインサピアによると、この裁判が行われることになったとしても「こちらが勝訴する確率はかなり高いと考えている」と言う。

今週、ビバリーヒルズにあるホテルのレストランの個室にジャクソン家の親族が4人集まった。マイケルを擁護し、HBOのドキュメンタリーを非難するインタビューを行うためだ。4人のうち3人はジャクソン5のオリジナル・メンバーであるジャッキー(67歳)、マーロン(61歳)、ティト(65歳)で、ティトはトレードマークの山高帽をかぶっていた。

「マイケルが生きていても彼らはこんなことをしたと思うかい? 絶対にしなかったはずだよ」と、ジャッキーが強調する。「弟はもうこの世にいない。だから格好のターゲットなのさ」と。

Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事