追悼ルーク・ペリー、『ビバリーヒルズ高校白書』ディラン父の悲劇の死を回想

『ビバリーヒルズ高校白書』シーズン3におけるディランの父の葬儀のワンシーン


『ビバリーヒルズ高校白書』シーズン3、21話に有名なシーンがある。ディランの父ジャックの出所後、親子はボートに引っ越し、こじれた親子関係を修復しようとした。マフィアに借金があるジャックは報復として車を爆破され、絶望とともにディランがその様子を眺める。この悲劇はシリーズ中も影を落とすことになるが、最終シーズンで父親の事故が実は自作自演で、現在は証人保護プログラムの監視下で生きている、とディランは知らされるのだ(本当に証人保護プログラムが父親の強烈な死を目撃させることでティーンエイジャーにトラウマを与えるだろうか、と思うかもしれないが、それについてはここでは触れないでおこう)。

シーズン3の脚本家たちは、そのエピソードを執筆した当時、ジャックの生存の可能性を残すつもりはなかった。でも10年経つと番組側だって必死に新しいアイデアを求めるようになるし、死んだ人が突然よみがえりもする。来たるビバヒルのリバイバル版では、こうした展開が揶揄される。新作に出演するオリジナルキャストは当時の登場人物の「改良版」を演じ、必死の思いでオンエアを実現しようとしている。ペリーは『リバーデイル』の撮影で多忙だったため参加は叶わなかったものの、カメオ出演の予定はあった。残念ながら、それも今となっては叶わない。でも、ビバヒルは必ず何らかの方法でペリーを偲んでくれるだろう。

Translated by Shoko Natori

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE