サマソニ2019にウィーザー、ゼッド、チャーチズ、King Gnuら20組が追加

サマソニ2019への出演が決定したウィーザー、ゼッド、チャーチズ、King Gnu(Courtesy of SUMMER SONIC)

8月16、17、18日の3日間にわたり、千葉・ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセおよび大阪・舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)にて開催される「SUMMER SONIC 2019」が、全20組の追加出演アーティストを発表した。

東京16日(大阪18日)には、サマソニ初年度にも出演したウィーザーが明日リリースの新作『ザ・ブラック・アルバム』と共にカムバック。また、現代ジャズ・シーンの寵児ロバート・グラスパーがモス・デフ、クリス・デイヴ、デリック・ホッジを引き連れた布陣で出演決定。さらに、スノウ・パトロール、バナナラマ、グレース・カーター、ABBAのトリビュート・グループとして知られるビヨルン・アゲインの名前も。日本からはJUJU(東京のみ)が加わり、本日ジャパン・ツアー最終日を迎えるペール・ウェーヴスは2年連続のサマソニ出演となる。

東京17日(大阪16日)には、キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメン、ザ・レモン・ツイッグス、スーパーオーガニズムといった強力なラインナップの他に、現代のジミ・ヘンドリックスとも評される豪出身の女性シンガーソングライター、タッシュ・スルタナの初来日が決定。エモーショナルな歌声で注目を浴びるグラスゴー出身のトム・ウォーカーや、日本からは東京スカパラダイス・オーケストラ(東京のみ)も登場する。

東京18日(大阪17日)のスペシャルゲスト枠にはゼッドが決定。熱狂のパフォーマンスでザ・チェインスモーカーズへとバトンを渡してくれそうだ。そして、現在ジャパン・ツアー中のチャーチズが2013年ぶりにサマソニに帰ってくる他、昨年のジョルジャ・スミスに続く注目シンガーのマへリア、AppleのCMソングでも話題となったソフィ・タッカー、大阪のみで韓国出身13人組のボーイズグループ=SEVENTEEN、さらに東京のみでKing Gnuの初出演が決まっている。

チケットは、明日3月1日よりお得な特典が付いた先行キャンペーンがスタート。詳しくはサマソニ公式サイトをチェックしてほしい。



SUMMER SONIC 2019

SUMMER SONIC 2019

2019年8月16日(金)、8月17日(土)、8月18日(日)
東京:ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
大阪:舞洲SONICPARK(舞洲スポーツアイランド)
http://www.summersonic.com/2019/

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事