咲良菜緒、ホワイト・ゾンビの魅力に目覚める「ねっとりした感じが好き」

TEAM SHACHIの咲良菜緒(Photo by Takuro Ueno)



―そもそも、なんでメタルやハード・ロックを聴くようになったんですか? 

私は小さい頃から特に何かにハマるっていうことがなくて。好きな芸能人もいなかったし、特別な趣味もなくて。だけど高校生になったとき、同じクラスに私がすごく仲良くなりたいと思った女の子がいて、その子のことを知りたいと思って好きな音楽を聞いたんですよ。そうしたら「マキシマム ザ ホルモン」って言われて。その子はわりとおっとりしてる天然ちゃんな子だったので、クラシックみたいな音楽なのかなと思ってMVを観てみたらすごかった(笑)。私、それまでそういう音楽に出会ったことがなくて、チャートに入ってるような王道な曲しか知らなかったから最初は引いちゃったんだけど、その子のことが好きだったから少しずつ聴くようになりました。

―面白いきっかけですね。

それからもYouTubeをいろいろ観てるうちに今度はX JAPANさんが出てきて。再生回数はものすごいし、サムネの画像にはミョウガみたいな頭の人がいっぱいいるし(笑)、「なんでこんな動画がそんなに再生されてるんだろう?」と思って観てみたらメロディ的に好きな感じだったんですよ。で、そこからhideさんにハマりました。

―なるほど。

そこから今度はレーベルのスタッフさんに「最近こういう音楽を聴いてるんだけど、私が好きそうなのない?」って聞いたら、最初にオススメされたのがスリップノットで、「お! いいねぇ!」ってなって。その方はKORNが大好きで、最初はまだ「これは何がいいんだろう?」って思ってたんですけど、今は重たくて、遅くて、ドロドロしてる感じが大好きになりました。最初の頃はキャッチーで聴きやすいのが好きだったんですけど、今はちょっとゆっくりでドロドロしてる音楽のほうが好きなのかもしれないですね。それで、そうしてるうちに「このジャンルが好き」っていうよりも音楽自体が好きになりました。


編集部からのお題 その1
D.O.D. (DRINK OR DIE) - hide


あ! 聴いたことある! X! あ、違う! hideさんだ! hideさんはXのライブ映像を観て、一目惚れみたいな感覚で好きになりました。hideさんは気取ってないと言うか、「この人、1人だけポップだな」って。それがきっかけでいろいろ調べてみて、ソロで活動してることを知って、徐々にhideさんの世界観がわかってきました。最初は歌声が得意じゃなかったんですけど、不思議なバランスと言うか、アンバランスだけど完成されてる絶妙な感じがいいんだって。それからはお墓参りに行ったり、ショップに行ったりするぐらいハマっちゃいました。でも、最終的にはZilchのほうが好きになりました。重いというか、ネチョネチョとしてるのが好きで。

―hideさんのお墓の前で泣いたそうですね。

大号泣しました。初めてXのLIVEに行ったのが、2014年の横浜アリーナで、私はそれまで動画でしか知らなかったから、hideさんが亡くなってるっていう実感があまりなかったんですよね。だからXのラストライブのDVDもずっと観れずにいたんです。hideさんが泣いてるのを見たくなくて。だけど、Xのライブに行くときの新幹線でせっかくだからと思って観たら、そこで泣いてしまって、ライブ会場に着いてからhideさんがいないことを実感して泣いて、歌が聴けたことに泣いて。悲しさとうれしさといろんな感情で泣いてました。




編集部からのお題 その2
More Human Than Human - WHITE ZOMBIE


これ、hideさん寄りな感じがする。こういう長いイントロはかなり好きです。ああ、これぐらいのテンポの曲、いいですね。最初に女性の声が入ってましたけど、hideさんにも女性の声を使ってる曲があって。男性のアーティストさんが女性の声を使うといい意味で色っぽくなるというか、そういうねっとりした感じが好きです。

―これはホワイト・ゾンビっていう90年代のバンドで、ロブ・ゾンビというボーカルは今もソロで活動してます。ベースが女性なんですけど、彼女はZilchの後期のメンバーです。

へぇ~! ホワイト・ゾンビか……。全然ホワイトな感じはしないけど好きです(笑)。これ、あとで探します! 私、ちょっと昔の音楽のほうが好きかもしれない。


編集部からのお題 その3
Crepping Death - METALLICA


速い! 全然誰かわからない。これも歌まで長いですね……あれ? この声、めっちゃ聴いたことある! 誰の声だっけ……? あ、メタリカさんかあ! 失礼しましたっ!

―いきなり聴かされるとわからないものですよね。

メタリカさんは好きです。単純に“キング”って感じですよね。この方々のおかげでいろんなバンドが生まれたと思うから「私も聴かなきゃ!」って感じで聴き始めました(笑)。以前、伊藤政則さんと対談させていただいたときに、メンバー御本人からいただいたっていうTシャツをプレゼントしてくださったんですよ! それは今でも宝物です。これ、言っていいのかわからないけど(笑)。 


編集部からのお題 その4
Bring The Noise - ANTHRAX


あ、いい感じ。ヒップホップっぽい感じですね。

―これはメタルバンドとヒップホップグループのコラボで、1990年の曲です。

私がこういう感じで聴くのだとリンプ(・ビズキット)が思い浮かびます。あ、これがヒップホップグループの人のラップですか……? 上手(笑)。

―去年、菜緒さんもこのバンドの来日公演を観に行ってますよ。

えー! 私、誰を観に行ったっけ?? メガデス? えー?

―メガデスと一緒に出てたのは?

ああー! ちょっと待ってー! あ! アンスラックス! あー、すっきりしたー! ヒップホップの人とコラボしてたんですね。

―リンプはこの曲がなかったらこの世に存在してなかったかもしれないですね。ヘヴィなメタルサウンドとラップを融合させたのはこの曲が元祖なんです。だから、「TEAM SHACHI」に収録されている「Hello, TEAM SHACHI」もこの曲がなかったら生まれなかったんですよ。

あ、確かにそうですね!(笑)ありがとうございますー! 

―こういう音はどうですか?

好きですよ~。前はザ・メタルって感じの曲しか聴かなかったと思うけど、今は好きです。違うジャンルの音を合わせるのって難しいはずなのに、カッコいいってすごいですね。


編集部からのお題 その5
Slipknot - people=shit


あ! 知ってる、これー!! スリップノット!! こういう曲、いっぱいあるから迷っちゃう!(笑) 

―イントロでよくわかりましたね。

これはいっぱい聴きました! スリップノットは初めて聴いた曲「Before I Forget」が聴きやすかったんですよ。そこからいろんな曲が聴けるようになりました、スリップノットって叫んでるパートが多いけどサビが聴きやすいし、テクニックのことはよくわからないんですけどドラムもすごく好きで。あとは、メンバーのビジュアルがきっかけで聴いてたところもあります。でもまだライブ観たことないんですよ。絶対楽しいはず!


編集部からのお題 その6
HATEBREED - I WIll Be Heard


あ、この声、聴いたことある。この人、私よく聴いてますか?

―菜緒さんさんメンバーと会ったことありますよ。

え! 会ったことあるの?? オズフェスかなー? 鮎貝(健)さんと一緒のときだ! 「ナーウ!」って叫ぶ曲があって、私の名前が菜緒だから「呼ばれてる!」って思ったことを覚えてます。

―正解はヘイトブリードです。

ああ! そうだ! 会ったのは3年前ぐらいかな。MTVの番組をやってたときに、「オズフェスに行きたい!」って言ったらお仕事で組んでくれて、ずっとライブ観てました(笑)。懐かしい!




編集部からのお題 その7
Guns N’ Roses - It’s So Easy


あ、古い。聴いたことあるな。本当ならここ(サビ)でわかるはずなのに。私、ライブ観たことあります?

―ありますね。

ガンズ! ガンズってこんなに声低かったでしたっけ? ああ、この曲が低いのか、だからか。ギターの感じがガンズっぽいですね。ガンズは最初はあまりよさがわからなかったんですけど、聴いてるうちに声が好きだなって思いました。ライブを初めて観に行ったとき、おじさんがすっごい多かったことを覚えてます(笑)。ライブ会場って女性トイレがすごく混むイメージがあるんですけど、私が行ったさいたまスーパーアリーナのときは男性のほうが全然混んでました。あとはバンダナ巻いたり、髪の毛が長かったり、メンバーの真似をしてる人がたくさんいて、「うわぁ、いつの時代にいるんだろう?」ってなったことを覚えてます。あと、あの年齢であんなに走り回るんだってことに感動しました。レジェンドなんだから立ってるだけでもいいのに、「ちゃんとやってる!」って。本当にライブが好きなんですね。


編集部からのお題 その8
OZZY OSBORNE - Crazy Train


あ! このイントロ聴いたことあるー! 私、この人のこと知ってますか?

―知ってるはずですよ。

これ、めっちゃ古くないですか?

―めっちゃ古いですね。メタルの元祖です。

メタルの元祖? ジューダス? いや、これは違うな。あ、オジー!

―そうです。

やった! てか、来日するんですか?

―Download Japanで来ますよ(註:その後キャンセルが発表された)。菜緒さんの周りにメタルの話ができる人っていますか?

本当に少ないです。一人だけ(笑)。でもその子もそこまで知らないかなあ。女の子は本当にいないです。

―アンジュルムの佐々木莉佳子さんはメタル好きですよね。

ね! 好きだって知らなくて! 会ったことあるんですけど、そのときはそういう話にならなくて。でも、本当にそういう友だちが欲しいんですよ。一緒にライブ行く人がいないから、今度誘ってみようかなあ。


編集部からのお題 その9
BABYMETAL - STARLIGHT


あ、女性だ。日本人ですか? あ、ベビメタちゃんだ! でも、この曲は知らなかった。

―新しい曲ですね。

ベビメタちゃんはオズフェストで観ました。昔、歌番組でベビメタちゃんと控室が大部屋で一緒のことがあったんですけど、そのときベビメタちゃんは「メギツネ」を歌ってました。今はあんなにでっかくなられちゃって。2人になったことでどうなるのか気になりますね。ベビメタちゃんはバンドの音はすごくメタルだけど、歌声は聴きやすいし、キャッチーですよね。前にベビメタちゃんのメンバーになる夢をみたことがあって、「幸せー!」ってなってました(笑)。


編集部からのお題 その10
PassCode - Taking you out


女の子だ。違います? 女の子ですよね? お、すごい。私、女の子のこういう曲はあまり聴いたことがないかも。……これは誰や? すごく男の子ウケしそう。これはズルいわ! 聴きやすいし、デスボイスも上手だし。これ、ボーカルは1人ですか?

―4人です。

4人? あ、PaassCode! なるほど! 私、PassCodeの曲は知らないんですけど、こんなにバンドにも対抗できるぐらいロックなんですね、すごい! あ、このデスボの子、あだ名が変わってる子だ!

―ちゆなさんです。

そうだ、ちゆなちゃんだ!

―PassCodeにはTEAM SHACHI好きのメンバーがいますよ。

え、そうなんだ。うれしい! てか、かっこいい! ちゆなちゃん、すごい! こんな声出せない。これはいいなぁ。ラスベガスファンがめっちゃ食いつきそう。


=取材終了後=


―今回は以上です。お疲れさまでした!

ありがとうございます! 楽しかったです!

―今回一番気になったのは?

初めて聴いたなかだとホワイト・ゾンビがダントツです。ハマりそう。

―こんな感じで今後も連載が続いていきますので。

そうなんだ……え、連載?

―この企画を2カ月に1回ぐらいのペースで続けようっていう話になっています。

私が?

―そうです。

え、そうなんですか!? 知らなかった! びっくりした! 楽しい連載ですね!

―これからもいろいろ曲を持ってきますので。

私が好きそうなのがあったら教えてください! とりあえず、ホワイト・ゾンビさんを調べます! 

※TEAM SHACHI 咲良菜緒連載企画、次回をお楽しみに!


■Debut Mini Album『TEAM SHACHI』配信&販売リンク
https://shachi.lnk.to/TEAMSHACHI

■TEAM SHACHI「全速前進(Live at Zepp Nagoya 2018.10.23)」配信リンク
https://shachi.lnk.to/zensokuzenshin

■公式サイト
https://teamshachi.nagoya/


TEAM SHACHI Debut Mini Album 『TEAM SHACHI』
発売中

◎マジ感謝盤[完全生産限定盤]<WPZL-31576/8>¥12,960(税込)
★スリーブケースにおさめた豪華仕様
★10/22に行われたチームしゃちほこラストライブの写真を大判44PでおさめたLIVE PHOTO BOOK付
★封入特典:激レアアイテム応募ハガキ
<A賞:鯱オブジェA 1名様 / B賞:鯱オブジェB 1名様 / C賞:タフ民限定ラミネートパス 50名様に当たる!>

[CD]
01.OVERTURE〜ORCA〜
02.ROSE FIGHTERS
03.Hello, TEAM SHACHI
04.グラブジャムン
05.You!
06.DREAMER
07.シャッチーチャンス
08.レースのカーテンを揺らした

[Blu-ray DISC 1]
●チームしゃちほこ "TEAM SYACHIHOKO" THE LIVE ~FINAL~ 2018.10.22@Zepp Nagoya
●チームしゃちほこ マジ感謝なドキュメント

[Blu-ray DISC 2]
●チームしゃちほこ Music Video
●チームしゃちほこ 鯱詣2018<THE HALL> 2018.02.03@愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール

---------------------
◎super tough盤[初回限定盤]<WPZL-31574/5>¥2,500(税込)

★封入特典:タフ民特製ステッカー(GOLD)兼 特典会参加券A
※市販分のみ、予約イベント&リリースイベント会場即売分は除く

[CD]
01.OVERTURE〜ORCA〜
02.ROSE FIGHTERS
03.Hello, TEAM SHACHI
04.グラブジャムン
05.You!
06.DREAMER

[Blu-ray DISC]
●TEAM SHACHI 全速前進2018.10.23@Zepp Nagoya
●TEAM SHACHI 全速前進なドキュメント
●TEAM SHACHI ROSE FIGHTERS Music Video
●TEAM SHACHI Making of ROSE FIGHTERS Music Video
---------------------
◎strong energy盤[通常盤A]<WPCL-12994>¥1,500(税込)
★封入特典:タフ民特製ステッカー(4色ランダム)兼 特典会参加券B
※市販分のみ、予約イベント&リリースイベント会場即売分は除く

[CD]
01.OVERTURE〜ORCA〜
02.ROSE FIGHTERS
03.Hello, TEAM SHACHI
04.グラブジャムン
05.You!
06.DREAMER
07.TEAM SHACHI RADIO 75.8〜放送中止になった伝説の回篇(2019.02.04 OA)
---------------------
◎positive exciting soul盤[通常盤B]<WPCL-12995>¥1,500(税込)
★封入特典:タフ民特製ステッカー(4色ランダム)兼 特典会参加券B
※市販分のみ、予約イベント&リリースイベント会場即売分は除く

[CD]
01.OVERTURE〜ORCA〜
02.ROSE FIGHTERS
03.Hello, TEAM SHACHI
04.グラブジャムン
05.You!
06.DREAMER
07.TEAM SHACHI RADIO 75.8〜温泉女子トーク沸騰篇(2019.01.07 OA)
======================
【ライブ情報】
<TEAM SHACHI『TEAM SHACHI』発売記念 全国全速前進FREE EVENT TOUR 2019〜Release Special〜>

2019年2月16日(土)13:00 OPEN / 13:30 START
愛知・エアポートウォーク名古屋 3Fイベントステージ

2019年2月17日(日)13:00 OPEN / 13:30 START
東京・ダイバーシティー東京プラザ2F フェスティバル広場

<TEAM SHACHI 1st TOUR 2019 〜タイムトレインかなた〜>
2019年4月6日(土) 愛知・豊橋市公会堂
2019年4月7日(日) 岐阜・不二羽鳥市文化センター スカイホール
2019年4月14日(日) 大阪・大阪国際交流センター 大ホール
2019年4月20日(土) 東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
2019年4月21日(日) 三重・⻲山市文化会館 大ホール
2019年4月29日(月・祝) 愛知・日本特殊陶業市⺠会館 ビレッジホール

ツアー特設ホームページ https://teamshachi.nagoya/1st_tour/

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE