ピーター・トーク逝去、ザ・モンキーズと歩んだ生涯

77歳で逝去した、ザ・モンキーズのベース/ヴォーカル担当のピーター・トーク(Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images)

ポップ・バンド、ザ・モンキーズのベース/ヴォーカル担当のピーター・トークが逝去した。77歳だった。

60年代にテレビ番組で生まれた当初から近年の再結成ツアーまでザ・モンキーズでベース/ヴォーカルを担当していたピーター・トークが、現地時間21日に亡くなった。死因は明らかにされていない。77歳だった。この親しみやすいミュージシャンの死をワシントン・ポストがトークの姉アン・ソーケルソンに確認した。

ザ・モンキーズのメンバー、マイク・ネスミスは「安らかな最後だったと聞いている。しかしながら私はこれを涙に暮れながら書いており胸が張り裂けるような思いだ。私はみんなで続けるということにこだわっているがメンバーの死に対する悲しみは決して癒えない」とコメントしている。トークは『ザ・モンキーズ・ショー』では愛すべきおバカを演じていたが実生活ではすばらしいソングライター、ギタリスト、ベーシストであり「キャン・ユー・ディグ・イット?」や「ピートのために」を含め、バンドに多数の曲を書き、主要な音源の多くで演奏している。「私はTV番組の俳優として雇われたんだ。4人が決まった時にこの4人で何か音楽的なことができないかという期待がプロデューサーたちの中にあったようだけど、もし音楽ができなかったとしてもただ番組さえ作れたらそれはそれでよかったみたいだね」と彼は2016年にローリングストーン誌に語っている。

しかし実際にはそうではなかった。ザ・モンキーズは本人たちは演奏はしていなかったと根強く信じられているが、実際にはザ・モンキーズの音楽監督ドン・カーシュナーが全てをスタジオミュージシャンに任せようとしていたにも関わらず「パパ・ジーンズ・ブルース」や「スイート・ヤング・シング」を含む初期の音源もトークがギターとベースを弾いた。「カーシュナーの選曲力に異論を持ったことはないよ。ヒットの選び方を彼が知っていたのは明らかだったからね。私はとにかく自分でレコーディングしたかったんだ。自分で自身のアルバムのサイドマンになりたかったんだ」と彼は2012年にローリングストーン誌に語った。

トークはコネチカットで育ち、60年代初期のグリニッチ・ヴィレッジのフォーク・シーンを通った。そこでスティーヴン・スティルスに出会い、2人がロサンゼルスに移住してからスティルスがトークにビートルズのようなバンドをキャスティングするTV番組の話をした。「スティーヴンが私に『みんな俺のことは好きだけど俺の髪と歯がテレビ向きじゃないって思っている』って言ったのを覚えているよ。私は『はいはい、ありがとう、スティーヴン』といってオーディションに行くつもりもなく電話を切ったんだ。そしたら彼がまた電話をかけてきて『違う、君はこれをやるべきだ』って言ったんだ。スティーヴンがいなければ絶対に行ってなかったよ」とトークは2011年にローリングストーン誌に語った。

Translated by Takayuki Matsumoto

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事